peach's blog

北陸のお酒や温泉をメインに徒然と綴っています。

HWD14をチョッと使ってみて

auで契約してきたHWD14。
ネットでは受信感度の問題やスリープモード移行による通信切断、Wi-Fi接続も落ちやすい等の問題が指摘されているが、幸いなことに現時点ではこれらの問題は発生していない。
 
Nexus7に接続してYouTubeでの40分程度の動画を視聴したが、WiMAX/Wi-Fiともに通信が切断されることなく最後まで視聴が行えた。
数分放置した後にブラウザを起動しても、すんなりとネット閲覧が行えた。
時たまスリープ表示になるが、1~2秒でアンテナ表示に復帰する。(スリープ表示になっていてもWi-Fi接続先では通信が継続していてネットが使用出来ているのが不思議だが・・・)
 
受信速度については金沢市内で下りで平均3~4Mbps程度だが、以前使用していたDATA08Wも同程度のスピードだったので、ネットで言われている程受信感度が悪いとは感じない。ただ、DATA08Wは室内でも時折10Mbps位出ることもあったので、HWD14は確かに受信感度が悪いのか端末のルーチンが弱いのだろう。
 
窓に近い場所ではアンテナが4本になることが多く、この場合は下り10Mbpsとなることもあるが、少し離れるとアンテナは2~3本になってしまう。
まあ、速度は3Mbps位で構わないから、通信が持続さえしてくれれば問題はないのだけれども。
 
北陸はまだWiMAX2+のエリア外のため検証の余地はないが一応WiMAXは最低限使えているので、全くつながらないユーザーに比べれば、まともな個体を購入できたというべきか。
北陸の都市部で住居の2~3階での使用なので、ある程度基地局が整備されていて、かつ遮蔽物が少ない恩恵を受けているのかもしれない。
 
後は複数台の端末に接続した場合の検証が行えていないが、これは厳しいかもしれない・・・。
端末の処理能力が低そうなので、並列処理を行うと簡単に切れてしまいそうだ。
 
何はともあれ一般的には色々と問題が多い様なので、キャリアには早急にファームのアップデート等の対応を行ってもらいたいものだ。
 
 
そーいや、「HOMESPOT CUBE」の時も頻繁に無線接続が切断されて非難轟々だったが、その後のファームウェアのアップデートで何とか使えるようになったな。
今回も同じ轍を踏むのかと思うと、ちょっと残念・・・。