peach's blog

北陸のお酒や温泉をメインに徒然と綴っています。

富山の穴場的懐石料理 富山市「五万石本店」

富山市内で財界人等のハイソサエティな人々が懐石料理で舌鼓を打つ料亭と言えば、「松や」と「五万石」。
どちらも高級料亭なので普段はもちろん利用しないのだが、父親の誕生祝いに美味しい和食を食べることになり、HPでお品書きを見てみると、意外にも五万石はランチが安いことが分かったので、五万石でお食事をすることにした。
 
五万石はいくつか店舗があるが、懐石料理メインのお店は、富山駅近くの「五万石本店」と「五万石千里山荘」の2店舗となる。今回は折角なので本店にトライ。お店に問い合わせたところ、ランチは11:00~14:00迄で、予約なしの飛び込みでもOK(大人数や個室利用にしたい場合は、事前に連絡が必要とのこと)だったので、開店直後に入店。
 
ランチは、お刺身・天ぷらの定食が1,500円程度で意外にリーズナブル。
定食に温物等が付いた御膳が3,000円と、夜の懐石に比べると安くいただける。
今回は誕生日祝いだったので、ちょっと高い「美味懐石」3,500円をチョイス。
 
この美味懐石は、小鉢・お造り・酢の物・蒸し物・焼物の五品に、ご飯・みそ汁・香の物・デザートが付いたミニ懐石。
実は懐石料理とは言え、富山の代表的な高級料亭で3,500円は安すぎる気がして、大したものが出てこないのではと心配していたのだが、実際には3,500円では勿体無い程の懐石だった。
 
一番感動したのがお造り。
お造りは、イカ、ヒラメ、マグロの赤身、甘海老、昆布締め、そして寒ブリの6種盛りで、どの刺身も生臭さが全くない。特に寒ブリは脂が乗っているのにくどくなく、サッパリとした切り身で、醤油に付けても醤油に脂が広がらない。北陸は冬になれば、地物の朝獲れ寒ブリをスーパーで買うことが出来て、スーパーで買った寒ブリでも十分に新鮮で美味しいのだが、五万石の寒ブリは全く違う別物。正直、北陸の旅館や割烹料理屋で高い金を出してお刺身を食べなくても、スーパーで同じものが安く食べられるやん!と思っていたのだが、やはり高級料亭で出されるお刺身は、提供する部位や切り方等がスーパーで調理するのとは違うのだろう。
これは本当に新鮮な驚き、感動だった。
魚メインでお食事をしたい人は、1,500円のお刺身定食でも十分に堪能できるはず。
(実際、お昼は懐石を食べる人は少ないとのことで、今日も他のお客さんは迷わずお刺身定食をオーダーしていた)
 
ただ、今は魚に脂が乗ったまさに旬の季節。特に寒ブリ等は12月が最盛期。これが春から秋の季節では味わえないだろう。やはり、北陸で美味しい刺身を食べるならば、11月中旬から12月が食べごろの時期となる。
いやいや、父ちゃん、誕生日12月で良かった。そうでなければ、旬な時期に懐石食べに来ていなかっただろう。
 
他のお料理では、餡ブリの焼物も美味しかった。程良い焼き加減で、焦げ目がないのにしっかりと中まで熱が通っていて、油の乗った寒ブリの美味しさを十分に引き出していた。
 
ホールの店員の段取りが悪く、料理がなかなか出て来なかったのが残念だったが、3,500円でこれだけの料理が食べられるところはないと思う。(金沢や京都なら4,000~5,000円位だろう)
 
高嶺の花と思っていた五万石だが、意外に値段・質ともにバランスのとれた庶民にも手が届く穴場のお店だった。彼女のご両親とお食事しなきゃいけない!!なんて時には持ってこいのお店ではないだろうか。
 
 
イメージ 8
五万石本店 入口
 
イメージ 1
店内の丁度(カウンター席)
 
イメージ 10
小鉢は卯の花和え
 
イメージ 2
お造り。寒ブリ、甘海老、昆布締め、マグロ、イカにヒラメ
 
イメージ 3
特に寒ブリの美しく美味しいこと。まさに冬の王者
 
イメージ 9
ご飯とお味噌汁を早めに出してもらった。この時点でお刺身定食。
 
イメージ 4
酢の物。イワシの酢締にジュレっぽい物を和えた感じ。
 
イメージ 5
蒸し物。鶏肉と鰻の切り身のはす蒸し。
 
イメージ 12
お椀も中々凝っています。
 
イメージ 6
ブリの焼物
 
イメージ 7
コーヒーとデザート。コーヒーは別途100円。
 
イメージ 11
良くわからないデザートだったが、美味しかった。
プリンのようなそうでないような・・