peach's blog

北陸のお酒や温泉をメインに徒然と綴っています。

心地よい飲み心地 メゾン ド ラ カボット ボージョレ ヴィラージュヌーヴォー

2013年もボージョレ・ヌーヴォーを飲んだが、2013年初のヌーヴォーとして飲んだのが、「メゾン ド ラ カボット」。
やまやで2,800円とイオン等のPBより高めではあるが、折角なのでちょっと奮発して購入。
ちなみにやまやで購入すると、おまけにレモンの形をしたソープがついてきた。
 
さて、ヌーヴォーの味わいは言うと、渋み・苦味は弱めで、少し酸味が強い。
そのため、さらりとして爽快な味わいで、グイグイ飲めてしまう。
ヌーヴォーは軽快でタンニンが弱めのワインのため飲みやすいタイプではあるが、メゾン ド ラ カボットもまさに飲み心地の良いヌーヴォーだ。口に含んだ直後に広がる酸味がアクセントとなっていて、グイグイ飲んでも飽きが来ないタイプ。
 
今まで飲んできたボージョレ・ヌーヴォーの中では、食事に合うヌーヴォーだと感じた。
忘新年会の家飲みパーティー用に合いそうなので、次回の解禁時には2本程購入しておきたい逸品だ。
 
イメージ 1
750ml 2,800円。ちょっと高いかな・・・
 
イメージ 2
表ラベル
 
イメージ 3
裏ラベル
 
イメージ 4
美味しくいただきました。