peach's blog

北陸のお酒や温泉をメインに徒然と綴っています。

おやつと言ったら七越の大判焼き

久し振りに七越大判焼きを食べた。
アピアの酒屋で買い物をして、少し店内を散策してたところ、七越のお店を発見。迷わず購入。
 
昔から七越の大判焼きが大好きで、学生の頃、しょっちゅう富山駅で買い食いしていた事を思い出す懐かしい味。
一個100円とお手頃な価格なため、いつも3個は買ってまう。
さらに富山駅売店では夕方になると、5個500円を300円で売っている時もあり、食べきれないとわかっていながら買っちゃうんだな・・・。
 
正式には「七越焼」が正しい名称だが、個人的には「七越の大判焼き」と言っている。
さらに厳密に言えば、自分が「七越の大判焼き」と言っているものは、「七越焼」の「赤あん」のこと。
白あんもあるが、食べたことはありません。カスタードクリームあんもあるが、こっちは食べてみたいと思いつつ、いつも赤あんにしてしまう。
 
まあ、たいやきと並ぶ昔ながらの「おやつ」ではあるが、段々と販売店が減少している現代において、いつまでも残ってほしいと思う食文化の一つだと思う。
 
イメージ 1
七越の大判焼き。俗に言う今川焼
正式には「七越焼の赤あん」。一個100円