peach's blog

北陸のお酒や温泉をメインに徒然と綴っています。

北陸B級グルメ!

なにやら巷では日本一のB級グルメを決定する大会があったようだが、この北陸にグランプリの「ひるぜん焼そば」に負けない美味しいB級グルメがあるのでこっそりご紹介。
 
1.「ヨーロッパ軒」のソースカツ丼
 
福井県にある洋食屋だが、ソースカツ丼が有名なお店。お店によって値段や部位(ヒレのお店やロースのお店等)、メニューが異なるので、それぞれ印象が違う。
ちなみにヨーロッパ軒のカツは通常のトンカツとは違い、肉を叩いて薄く伸ばした状態で揚げている紙状のカツ。
 
自分一押しは「木田分店」のソースカツ丼
 
メインメニューは カツ丼 850円  カツ丼定食 1,050円  ベビーカツ定食(丼でなくトンカツ形式) 1,050円
てな具合ですが、その他の洋食も充実しています。
 
イメージ 1
カツ丼定食
 
言葉で説明する必要がないくらい、ホントに美味しいです。
 
 
 2.チャンピオンカレー
 
石川県を中心に展開している「チャンピオンカレー」。略して「チャンカレ」。
近年では「金沢カレー」として認知が高まっているようだが、金沢カレーの定義は以下の通り。
  ※個人的な定義づけですのであしからず
 
 ・どろっとしたルー
 ・ステンレスの器
 ・ルーの上に盛られたキャベツの千切り
 ・カレーをフォークで食う
   
中でも定番は「Lカツ」。サービスタイムだと680円(夜までサービスタイムやっているが・・・)
正直一口食べただけではそんなに美味しいと思わないのだが、食べていくうちにチャンカレの虜に・・・。
すんごく美味しいわけではないのに、気付くとお店に体が向かってしまう不思議なカレーです。
 
イメージ 2
Lカツにウインナーをトッピング
 
3.焼き鳥の「秋吉」
 
福井が発祥の地だが、今や東京にまで進出している焼き鳥屋、「秋吉」。
串に刺さる肉は小さいが、一人前5本で320円(わかどり)等、安くてお腹いっぱい食べられるお店。
どの店舗でも開店と同時に満席となってしまうくらいの人気店。
当日の予約受付はできない店舗もある様子。(予約客だけで満席になってしまい、ふらっと来たお客さんが入れなくなるのを防ぐため、らしい)
 
正直、自分も秋吉のわかどりとねぎまとサイダーで育ったようなもんです。
 
イメージ 3
わかどりとねぎま
 
ちなみに秋吉の一押しメニューが「漬物」。
どう考えても味の素とお醤油で味付けしているだけなのだが、これが非常に旨い。これだけでごはんが何杯もいけちゃう。東京のラーメン屋「さぶちゃん」のチャーハンみたいな話だが、やっぱり味の素が料理をおいしくするんです。
 
 
他にも第七ギョウーザとかありますが、そちらはまた次回にでも・・・。
 
それにしても富山のB級グルメがないな・・・。