peach's blog

北陸のお酒や温泉をメインに徒然と綴っています。

BLACOWS 恵比寿の王道バーガー&グリル

東京は恵比寿にあるブラッカウズネイチャージモンをこよなく愛する友人と「鉄板焼き食いてーな」ということで訪れたお店。恵比寿駅から少し離れたところにあり、スマホで地図を確認しながらの移動となった。
 
鉄板焼きの流れで来たものの、お店自体は鉄板焼き専門店ではなく、バーガー&グリルのお店。
なので、店内は焼肉屋鉄板焼き屋のような雰囲気ではなく、ベーシックかつカジュアルなバーガーショップと言った感じ。まあ、バーガーがメインなんだから当然ではあるが。
 
イメージ 6
 
ディナーは17:00オープンで、我々はオープンと同時に入店したが、やはり人気店のためか、お客さんがどんどん入ってくる。ただし、大方の客はハンバーガーを目的にきているので、我々のようにグリルメインで長居している客は少なかった。そのためかカップルが多く、男二人、グリルを楽しんでいる風景は、若干場違いだったかもしれないが、もう少し遅い時間となれば、グリルメインの客層も増えるのだろう。
 
グリルについては、鉄板焼き屋のように目の前で焼くのではなく、オープンキッチンで調理したメニューを運んでくるスタイル。
 
今回は、グリルメインできたので、ハラミやタン、ランボソを頼んだが、調理に時間が15分から30分程掛かるので、ファストフードをいくつかチョイス。
 
まずはトルティーヤチップス。サルササワークリームが程良く絡みビールがぐいぐい進んじゃう。
 
イメージ 1
 
次はブラッカウズ特製和牛のソーセージ。こちらはレギュラーメニューではなく、本日のおすすめメニュー。
それにしてもでかい・・・・。太い・・・。しかし、口に含むと、肉のうまみが口いっぱいに広がって、久方ぶりに食べて即「うまい!」と言ってしまった・・・。和牛のソーセージというのも珍しいが、これほどまでの美味に出会えるとは思っていなかった。
 
イメージ 2
 
そしてメインのハラミのグリル。まあ、当然ながら美味い。この弾力と肉の旨み・・・。たまりません・・・。
だが、肉だけでなく、付け合せのフライドポテト。実はこれがまた美味い。食べだしたら止まらない中毒性が強い逸品。
 
イメージ 3
 
次にタンにランボソ。ああ、もうこれは言葉にすることはできない。なんだかんだで赤身も美味しいことを再認識。
 
イメージ 4
 
もうこれだけ食べればかなり満たされてしまったのだが、そもそもここはグリル専門ではない。バーガー&グリルのお店。ここでハンバーガーを食わずに帰るわけにはいかん、ということで、男二人、バーガーを一つ頼んで半分分け。なんだかこっぱずかしいが、値段も1,200円となかなか高く満腹に近い状況だから仕方ないか・・・。
 
イメージ 5
 
黒毛和牛100%のパテということで、マック等とは違う、牛肉の上品な旨みが詰まったバーガー。
少し高いが、ランチやちょっとした夕食にはもってこいの味と大きさだと思う。
 
 
他にもアスパラのソテー等、アラカルトを注文したが、どれも綺麗にまとまっていて美味しかった。
価格帯は正直高い気がするが、値段相応の素材(ヤザワミート)であることは間違いなく、次回はバーガーメインで訪れてみたいお店であった。