peach's blog

北陸のお酒や温泉をメインに徒然と綴っています。

軽井沢紀行④ 軽井沢の街中にある別荘型リゾートホテル 「旧軽井沢ホテル東雲サロン」

軽井沢での宿泊は軽井沢駅から徒歩10分程の森の中にある「東雲サロン」。
東雲交差点から近くにあり木々に囲まれた静かなロケーション。
建物は木をふんだんに使用した造りで、今回は宿泊した2階部屋はロッジの様な風合いとなっており高原のペンションやリゾートホテルに泊まった雰囲気になる。
周囲に森や雲場池等があり涼やかな風が外から入ってくるため客室に冷房がないのだが、確かに夜は肌寒いくらいだった。宿泊日は5月で夜間に雨が降り出したこともあったが、新鮮で清涼な空気で満たされていたからだろう。

客室にはバス・トイレが完備されており、1階にはレストランが併設されている。レストランで食事も可能で、今回は素泊まりでレストランを利用しなかったが、宿泊者にはレストラン利用時の特典もあるようだ。
(注:本記事掲載時点ではレストランは改修中で利用不可の模様。詳細はホテルへ
   確認ください)
なお、駐車場もあるが場所が分かり辛かったため(道を挟んでホテルの反対側にあった)、事前にホテルへ駐車場利用を説明して場所を確認した方がスムーズ。

ホテルの対応は静かに丁寧で個人的には十分だったが、人によってはもう少し説明が欲しい等物足りなさを感じるかもしれない。しかし、軽井沢のリゾートホテルでの対応に賑やかさは相応しくないと思うので、個人的に「閑か」な雰囲気は建物や軽井沢に合っていると思う。
宿泊は休日だと一人18,000円前後になるので高めのホテルだが、軽井沢の街中で自然に囲まれた静かなロケーションアクセスの良さ、そして雰囲気のある建物と部屋でゆっくりと過ごす夜の対価は十分にあると思う。

 

f:id:apple2019a:20190816141222j:plain
                 ホテル正面

f:id:apple2019a:20190816141225j:plain
               ホテルフロント前

f:id:apple2019a:20190816141226j:plain
                  客室廊下

f:id:apple2019a:20190816141228j:plain

 

 

 


apple2019a.hatenablog.com