peach's blog

北陸のお酒や温泉をメインに徒然と綴っています。

金沢B級グルメの最高峰 間違いなく旨い豚バラ定食 金沢市「宇宙軒食堂」

金沢は海と山に恵まれ、美味しい米や野菜そして海産物の宝庫。
加賀百万石の城下町の歴史もあり、高級な会席料理や割烹料理屋等が多い地区だ。
そんなお優雅な和の香り満載の金沢にも無論、B級グルメはある。
八番らーめん、金沢カレー、第七餃子等…。しかしこれらに負けず劣らずのB級グルメが宇宙軒食堂の「豚(とん)バラ定食」だ。
千切りキャベツが乗った皿に、甘じょっぱい秘伝のタレでさっと焼かれた豚バラが盛られたシンプルな一品。この豚バラにご飯とみそ汁と漬物が付いた定食で、なんと680円!
豚バラ用にタレが入った小皿が付いてくるのだが、タレをつけなくても豚バラに程良く味がついている。まずはタレを付けずにご飯と一緒に腹に入れる。うん、旨い。次に豚バラにタレをかけてご飯を食う。くう~、堪らなく旨い!タレでご飯が何杯でも食えそうだ。だがこのタレは肉だけにかけるのではなく、最後に千切りキャベツにかけてて食べるのが真の目的。豚バラを食べ終えるころには豚バラから流れ出した旨みの詰まった脂でキャベツが浸っている。そこにこの秘伝タレをかけることで絶品の千切りキャベツとなる。あ、でも少し豚バラを残しておいて、油とタレに浸ったキャベツと一緒に食うのも旨いな。たかが豚バラ炒めだが、このタレのおかげで最高峰の肉料理に昇華されている。
ちなみに、通常の定食は680円だが、ご飯お大盛りは730円、定食W(肉大盛り)は1,000円、肉・ご飯大盛りは1,050円となる。通常定食でも十分だが、いつまでも宇宙軒の豚バラの余韻を残したくて、たいてい定食Wを注文している。多分男性客は定食Wが多いのではないだろうか。
そして、宇宙軒は豚バラ以外にもトンカツや牛ロース、野菜炒め、焼きそば、そしてうどんや蕎麦もメニューにある。さらにはコロッケや冷奴、ポテトサラダ等の一品料理もありお酒も飲める。たまに法蓮草のお浸しで一杯やってる人を見かけることもあるが、店内の脂にまみれた感じは確かに昭和の横町にあった酒処の感じで、混んでいなければ飲みたくなってくる。
ちなみに「豚バラ」と書いているが読みは、「ぶたバラ」ではなく「とんバラ」。店内のメニュー表にもそう書かれているので、注文時に言い間違えないように。
間違えても大丈夫だとは思うが、非常に人気店でランチ時は平日でも行列が出来るほどなので、スムーズな注文が出来るように「とんバラ定食」と覚えておくべし。
場所は金沢の繁華街である片町にあり、「らーめんほくしん片町店」横の路地に入ったところにある。少し分かり辛い場所にあるにもかかわらず行列になるのだから、金沢の人は上品そうに治部煮だの生菓子だの言ってはいるが、実はB級グルメが大好きなのだろう。第七餃子があれだけ混むのだから…(苦笑)

どこにでも有りそうなメニューではあるが、金沢で和食に飽きたなら宇宙軒食堂でビール片手に「とんバラ」を味わうのも面白いだろう。このお店で瓶ビール飲みながらつまめるようになれば、本物の大人の酒飲みに仲間入りだ。(苦)
ちなみにビールは生中、中瓶ともに500円。良心的な価格です。

f:id:apple2019a:20190913140507j:plain
とんバラ定食W(肉大盛り)

f:id:apple2019a:20190913140515j:plain
あ~、なんて食欲をそそるシルエットなんだ…ジュルッ!

f:id:apple2019a:20190913140523j:plain
野菜炒め定食 660円

f:id:apple2019a:20190913140500j:plain
野菜炒めも豚肉入りで特製ダレが旨さを倍増!


【関連記事】

tabelog.com

a.r10.to

a.r10.to

a.r10.to 

apple2019a.hatenablog.com