peach's blog

北陸のお酒や温泉をメインに徒然と綴っています。

片町で呑んだ後の〆ラーメンの定番! 金沢市「一喜片町店」

最近は酒を呑んだ後の〆パフェが流行っているようだが、やはり〆の定番と言えばラーメン。満腹にしたいわけではない。ただ化調や濃いスープの塩分を無条件で欲している。だから呑んだ日は欲求に逆らうことなく、自然とラーメン屋に足を運んでしまうのが酒呑みだ。
金沢の飲み屋街と言えば、最近は金沢駅の東口エリアが最近飲み屋街として発展しているが、古くからの飲み屋街と言えば、金沢駅から近江町市場・尾山神社・南町のビジネス街を超えた場所にある片町が昔からの飲み屋街。スナックやキャバクラ、バー、居酒屋から割烹や小料理屋等、様々な飲食店が並ぶ北陸でも有数の夜の繁華街だ。最近では人出も減ってきたが、それでも夜になるとキャッチの兄ちゃんや妖艶なお姉さま方をあちこちで見かける。
そんな片町でひとしきり呑んだ呑兵衛達に人気があるラーメン屋が「一喜片町店」。
片町店と言うからには他にも店舗があるように思えるが、お店は片町のみとなっている。数年前までは片町から少し離れた尾山町に本店があったのだが、本店は閉店となり現在は片町店のみとなっている。

一喜のコンセプトは何と言ってもシンプルなこと。
ラーメンは「チャーシューラーメン(並・680円)」と「チャーシューラーメン(大・900円)」のみ。そうチャーシューラーメンだけのお店なのだ。
あとはおしんこ付のご飯(180円)とビール(600円)・日本酒(450円)のみ。
そのため、一喜で食べるときはチャーシューメンを並みor大のいずれかにするか注文するだけでOK。逆に悩んでいると後から来る客の注文が先に入ってしまうことになる。
一喜のチャーシューメンは濃厚醤油ベースのスープ。ただ富山ブラックの様に黒くしょっぱいわけではなく、少しマイルドなしょっぱさだ。麺は一般的な中太麺だが、スープを纏って麺自体も旨い。
チャーシューは一昔前の中華屋さんのチャーシューで薄いが程良い大きさ。脂身もそんなについておらず硬めな肉で、現代では控えめな部類に入るチャーシューが5・6枚入っている。
他の具材はネギと少量のメンマのみ。しかし、このネギとメンマがマイルドとは言え塩辛い濃厚醤油スープのアタリを和らげてくれる。
シンプルな醤油ベースのチャーシューメンだが、このシンプルなしょっぱさが中毒になってしまう。どんだけ飲んでも何故かこのラーメンを求めてしまうのだから不思議だ。むしろ飲み終えて、また一喜でチャーシューメンを肴にビールに手が伸びてしまうくらい。どれだけお腹が一杯でも、食べた後後悔しても、一喜に行ってしまうのは金沢の酒飲みの宿命なのだろう(笑)
ラーメン並みは少し物足りないくらいの量なので、飲み食いした後に程良い量なのも人気の理由かもしれない。

ちなみに、片町は日本最古の商店街とのこと。歩いていると確かにアーケード街があるのだがあまり商店はなく飲食店が立ち並んでいるので商店街のイメージがなかったが、江戸時代からいわゆる「河原町」として商店が並んでいた地域で、1894年(日清戦争発生の年)に日本初の商業(商店)組合が設立されらことから、日本最古の商店街と言われている。
今では繁華街ではあるが、飲み屋以外にも美味しいお店や隣接するブティック街の香林坊や竪町商店街も徒歩圏内なので、金沢に来た際には片町・香林坊エリアで昼から〆のラーメンまで楽しんでもらいらい。

f:id:apple2019a:20190916104520j:plain
チャーシューラーメン(並み)

f:id:apple2019a:20190916104512j:plain
富山ブラックとも違った色と味の醤油スープ。ネギがアクセントに。


【関連記事】

shop-kanazawa.jp

apple2019a.hatenablog.com 

apple2019a.hatenablog.com 

apple2019a.hatenablog.com

apple2019a.hatenablog.com