peach's blog

北陸のお酒や温泉をメインに徒然と綴っています。

静かに楽しむシンプルな街中華 金沢市「珉来 工大前店」

昨日のブログで紹介した珉来の別ののれん分け店である「工大前店」。
金沢工業大学の近くにある小さな街中華だ。
若宮店は店舗に隣接する駐車場が常に混んでることもあり、遠くから見ても目立っているが、こちらは如何にも昭和の街中華の佇まいで目立たず、工大前の通りに溶け込んでしまっている。若宮店の様に活気があるのは好きだが、工大前店のように静かに気兼ねなく立ち寄れる街中華も、いつでも行ける安心感があって良い。
金沢工業大学の近くにあるのでバス(最寄:工業大学前バス停)でも行くことができるし、店舗入り口前と道を挟んで反対側の駐車場に2台ずつ駐車スペースがあるので、車で来ることも可能だ。
お店は年配の男性が二人で切り盛りしている。お二方とも寡黙な感じ。でもメニューの内容を尋ねると優しく教えてくれる。お互いの距離感を大切にしながら接してくれる接客はお客さんに安心感を与えてくれる。。
店内はカウンターとテーブル席が3つ程。訪問時は年末近くの日曜であったせいか、昼時にもかかわらず客はおらず、お店の方の雰囲気も相まってのどかな日曜の時間が流れていた。
初めてのお店なので、定番のラーメンと焼き飯(炒飯)と餃子を注文。
ラーメンは420円、餃子は290円だが、ラーメンセットにすると「餃子・ご飯・漬物」が付いて700円になるので、ラーメンセットにした。ラーメン420円は今の時代では激安の部類。餃子とセットでも700円とは、学生街にお店を出しているからなのかもしれない。ちなみに焼き飯は600円。

ラーメンは透明感のあるスープで、具材はチャーシューと刻みネギとシンプルな内容。味もあっさりとしたしょっぱさで、薄目の醤油ラーメンの様な味。
炒飯も一般的な味付けだが、塩加減は控えめだ。
餃子は大きめで、餡も控えめな味だがしっかりと詰まっていた。
全体的にあっさりとした味付けだが油っぽさが無く、疲れている時でもサラッと食べれてしまいそうだ。

人によっては物足りない味に感じてしまうかもしれないが、メニューの安さと静かにシンプルな街中華を堪能出来るという意味では、個人的には好きなお店だ。
開店時間は11:00~22:30と営業時間が長く、土日も営業している(定休日は金曜)ので、平日の遅い時間や休日にふらっと食べに行けるのもありがたい。
ジャンクな感じの中華も良いが、静かに街中華で一杯やったりゆっくりお腹を満たしたい人にはおススメのお店だ。

f:id:apple2019a:20190918100408j:plain
ラーメン 単品だと420円

f:id:apple2019a:20190918100347j:plain
焼き飯 600円

f:id:apple2019a:20190918100346j:plain
餃子 単品だと290円


【関連記事】

tabelog.com

a.r10.to 

apple2019a.hatenablog.com 

apple2019a.hatenablog.com 

apple2019a.hatenablog.com