peach's blog

北陸のお酒や温泉をメインに徒然と綴っています。

富山の定番酒が醸す独特の香り 銀盤酒造「特別純米ひやおろし」

富山県の日本酒と言えば最近は桝田酒造店満寿泉清都酒造勝駒が有名だが、晩酌酒と言えば立山銀盤がメジャーだ。
ただ個人的には立山はよく飲むのだが、銀盤は呑んだことがなかった。
富山のひやおろしは満寿泉を買っていたのだが、他の酒蔵のひやおろしも呑んでみたいと思い、普段口にしてなかった銀盤のひやおろしを買ってみることにした。
銀盤は純米大吟醸特別純米の2種類のひやおろしを販売しているが、今回は米の旨みがよくわかる特別純米を呑んでみることに。

特別純米ひやおろし酒米富山県産の「富の香」を使用しており、精米歩合は60%となっている。酒米の風味を楽しむには最適なお酒だ。
冷酒で呑んでみたが、まず口に含むと芋焼酎の様な風味が広がる。酒米の富の香の味わいなのか、山田錦や五百万石の様な酒米の旨みやキレとは異なる独特の香りとやや辛口な後味が特徴なお酒だ。山廃のお酒に似たような風味かもしれない。個人的には芳醇で旨みが強いお酒が好きなので、このひやおろしは苦手な部類に入る。後から来る辛口のキレは嫌いではないが、やはり全体的に広がる独特な風味が個人的には合わないようだ。そう言えば山廃酒も苦手なので、芳醇系ではないお酒は苦手なのかもしれない。

銀盤のお酒はこれが初めてなので、他の酒米を使ったお酒を呑んでみないと銀盤の日本酒がどんなものかわからないが、日本酒も酒米や酒蔵の作り方次第で全く違うお酒になるのだなと改めて感じたお酒だった。
個人的には好みのお酒ではなかったが、普段呑まないタイプの日本酒に出会うことも面白い。改めて銀盤の酒を味わってみたいと思う一本だった。

f:id:apple2019a:20191005181519j:plain
f:id:apple2019a:20191005181546j:plain
f:id:apple2019a:20191005181542j:plain
f:id:apple2019a:20191005181538j:plain


【関連記事】

a.r10.toa.r10.to

a.r10.to

apple2019a.hatenablog.com