peach's blog

北陸のお酒や温泉をメインに徒然と綴っています。

型落ちモデルだけど普段使いには十分なホームノートPC 富士通「AH45/B3」

2020年1月14日に延長サポートの終了を迎えるWindows7。
我が家では10年前に買った富士通ののデスクトップPC(Corei3)をメイン、数年間に買ったVAIOPro11(Corei5)を主に外出時に使うサブ機として試用していたが、使用していたデスクトップはWindows10への移行が出来ないことから、様々なセールをやっているこの時期に買い替えることにした。
ただデスクトップPCはテレビ視聴も兼ねているので、ディスプレイ(本体とディスプレイが一体型)はそのまま使用することとし、今回は大型のノートパソコンに代替することにした。

ちなみに私の主なPCの利用用途は、
 ・ネットサーフィン、ショッピング、動画視聴、ブログ投稿
 ・Blu-rayやDVDソフトの視聴
 ・音楽再生や管理(主にWALKMANへの取り込み)
 ・オフィスソフト(表計算やパワーポイント資料の作成)
くらいで、ゲームや動画編集等の負荷が高い作業はしないライトユーザー。
なのでハイスペックなマシンは必要ないのだが、多少の負荷にはストレスを感じることなく使用できる動作性能は最低限確保したい。
ということで、以下の構成を満たすノートPCをネットで検索してみた。

<希望構成>
 ◆予算    :10万円以下
 ◆ディスプレイ:15.6インチ
 ◆解像度   :フルHD以上
 ◆CPU   :Core  i5(予算オーバーならCore  i3でも可)
 ◆メモリ   :8GB(予算オーバーなら4GBでも可)
 ◆光学ドライブBlu-ray対応(予算オーバーならDVDドライブでも可)
 ◆Officeソフト:Office Home and Business Premium
 ◆ハードディスク:SSD+HDD(1TB)
 ◆メーカー  :国産メーカー

ヤマダ電機ECサイト等で探していると、やはり10万以下は難しい。
各社の現行品(2019年モデル)だと15万はしてしまう。CPUとメモリの性能を下げ(Core  i3のメモリ4GB)、SSD無しモデルにしても12~15万程になる。
やはり10万でこの希望構成は無理か…と思っていたが、しばらく見ていると9万円台のモデルが出てきた。
マジか!と思って詳細を見てみると、2017年発売の旧モデルが型落ちのため在庫処分価格で出ているようだ。
現行モデルばかりだと思っていたが、意外と各社の旧モデルも掲載されている。
旧モデルだとCPUの世代が古くなってしまうが、自分の様なライトユーザーなら問題ないので、2017年~2018年発売の旧モデルを中心に探してみる。
すると掲載はされているがどれも完売or在庫発生次第発送の状態。やはり狙いどころはみな同じ様である。

仕方ないのでAmazon楽天市場で探してみると、ヤマダ電機のように新品の型落ちモデルは出品されていない。その代わり販売店ヤマダ電機等)の店頭で展示されていたモデルが7万円台で結構出品されている。
展示品なのである程度使われているし、傷や汚れがついている可能性が高いので、個人的には新品を買いたかったのだが、通常15万程度は必要なスペック・機能が付いたPCが7万円台で買えるのは魅力的だったので、状態が良さそうだった富士通の「LIFEBOOK AH45/B3」のガーネットレッド楽天市場で74,600円(税込み)で購入。
ちなみ購入したショップは「aone store」だったが、注文してから3日程で無事に到着。PCメーカーの直営ショップでしかネットショッピングをしたことがなく、独立系のショップでの中古品の購入は正直不安ではあったが、発送までの対応時間は迅速で梱包も丁寧だったし、説明書やソフトウェアのライセンスもしっかりと付属され、初期化もされていたので安心した。
またよく見ると小さな傷はあるが、全く気にならないレベルで展示品にしては非常に状態が良く、ほぼ新品と言っても過言ではない状態だった。新品で買えば9万5千円程だったので安く購入出来て久し振りに満足がいく買い物だった。

今回購入したAH45/B3のスペックは以下の通り。

 ◆メーカー  :富士通
 ◆価格    :76,300円(税込み)
 ◆ディスプレイ:15.6インチ
 ◆重量    :2.3Kg
 ◆解像度   :フルHD(1920×1080ドット 1677万色)
 ◆CPU   :Core™ i3-7130U(2.70GHz)
 ◆メモリ   :4GB
 ◆光学ドライブBlu-ray対応
 ◆Officeソフト:Office Home and Business Premium
         1年間のみ「Office 365 サービス」の無償利用ライセンス付き
 ◆ハードディスク:HDD(5,400回転1TB)※実際の空き容量は947GB
 ◆ポート類  :USB3.0が2ポート、USB3.0が1ポート、USBCが1ポート、
         HDMIが1ポート、LAN(有線、無線)、SDカードスロット
 ◆その他   :マカフィー リブセーフ 3年版ライセンス(セキュリティソフト)、
         USB接続マウス付き

なお、Officeライセンスが付属されていないモデルなら5万円台での販売となっていた。
自分はたまにOfficeソフトを使うのでこの構成にしたが、改めて良い買い物をしたと思う。中国系のメーカーなら同スペックで1~2万くらいは安く買えるが、安いOfficeのバージョンだったり、セキュリティソフトのライセンスが付属していなかったりするのと、後述するが液晶や音質、キーボード等の質も国内メーカーに比べ悪かったりするので、7万円でこのレベル感なら安いと思う。
そこで、2020年を迎えるにあたり、あえて型落ちのモデルである「AH45/B3」はコスパが良いのか(新品で10万前後、中古で7万円台)を見ていきたいと思う。

【使用して良いと思ったポイント】
 ・キーストロークが良好
  キーが広く浅めにとってあるのでキータッチが軽く、押し間違いが少ない。
 ・液晶が綺麗
  1920×1080ドット のフルHDなので解像度としては控えめだが、発色や
  コントラストは合格点。
 ・スピーカー性能がノートPCの割にはよい。
  このモデルはONKYOのスピーカーを搭載していることが売りになっているが、
  実際、キーボードの上部がすべてスピーカーとなっており、ボリュームの
  大きさやステレオ感がこれまで使っていたVAIOPro11とは比較にならない良さ。
  さすがにデスクトップには及ばないが、十分に音楽を楽しめるレベル。
 ・Blu-ray対応のドライブ。
  DVD対応ドライブなら1万円程安くなるが、やはり大容量データの保存や
  高画質な映像ソフトを観るならBlu-rayソフトを使えた方が良い。
 ・マウスやセキュリティソフトのライセンスが付属していること。
  個人的にはマカフィーよりもシマンテック派で、シマンテックのライセンスも
  余っているので不要ではあったが、ソフトも3千円~1万くらいはするので、
  初めてPCを買う人には有難いと思う。
 ・本体カラーが豊富
  今回はガーネットレッドを購入したが、他にブラック、ホワイト、シャンパ
  ゴールドの3色がありカラバリがある。
  最近ではスマホもそうだが、白と黒の2色だけ等バリエーションが限られて
  いる事が多いので、好きなカラーを選ぶことが出来るのは嬉しい。

【使用して残念なポイント】
 ・起動時間が遅い
  VAIOPro11はWindows8.1のSSD搭載モデルで起動が非常に早く、電源ボタンを
  入れたらすぐにデスクトップ画面になったが、このモデルは10秒くらい時間が
  掛かる。
  これはやはりSSDの搭載有無による影響が大きいと思うが、予算が潤沢なら
  SSD128GB+HDD1TBモデルにするのがおススメ。
  ただし、起動時間の遅さが苦になるほど致命的に遅いわけでもないので、
  PCの操作性にこだわりがないなら問題ないレベル。
 ・動作が少し重い
  IEで複数のタブを同時展開しながら音楽を聴いたり、動画を再生したりすると、
  動作がカクついたり、遅れたりする。場合によってはフリーズすることもあるが、
  この原因はCPUがCore i3のモバイル向けであることと、メモリが4GBであること。
  メモリ4GBは今どきのPCを「快適に」動かすための最低条件であって、やはり
  8GBは積みたいところ。またCore i3もCPUでは中位の性能であることから、
  処理速度はそこまで早くない。
  実際、Core i3-7130Uは上位のCore i5やCore i7の半分以下の性能だし、世代も
  第7世代CPUなので同じCore i3でも最新世代の(9~10世代)Core i3より性能が
  低い。
  これに関してはメモリを4GB→8GBに増設して改善を図りたいと考えているが、
  一方でストレスが溜まるほど動作が遅いわけでもなく、頻繁にフリーズする
  わけでもないので、私の様なライトユーザーなら問題にならないポイントだと
  思う。

と言うわけで、少し起動や動作面に難があるが、全般的には機能やソフト面において満足できるモデルだと思う。
同じ構成で現行品なら15万することを考えると、ネット閲覧、写真や動画のデータ管理、音楽や動画の視聴、ブログや日記の執筆程度ならこのモデルの購入をおススメする。ただ中古や展示品は新品と違いメーカー保証は期待できないので、安心して長く使いたい人は新品の型落ちモデルが出るのを待って購入する方が良いだろう。

ある程度PCを使ったり買い替えてきた人ならスペックを見れば、このモデルでどこまでの事が快適にできるか分かると思うが、念のため書いておくと、PCで「動画編集」「Photoshopでお絵描き」「PCゲームをする」「リアルタイム動画配信をする」等を考えている人は絶対に買ってはいけないモデル。
スペック的に全く出来ない訳ではないが、恐らく動画非常に重くなったり、フリーズや再起動が頻発するだろう。
動画編集や配信、ゲームをするのならCPUは最低でもCore i5、ベストはCore i7のPCを選ぶこと。それもノートPCではなくデスクトップPCを購入した方が、動作の遅さ悩まされることなく使用出来る。
あくまでもこのモデルは、ユーチューバーの様なプロ仕様ではなく、スマホを使うのと同じ感覚でPCを使用する人向けのモデルだ。
逆に言えば、ネットサーフィンや動画・音楽視聴が主な人には性能も価格もオーバースペックになっていない丁度良いモデルともいえる。

まだ、Windows7PCを使用している人も多いと思うが、2020年1月以降はサポート切れになるのでWindows10へのアップグレードか買い替えが必要になる。(サポート切れ以降も使用をするとシステムのウイルス感染等により自分だけでなく、他人のPCへも悪影響を及ぼす可能性があるので、Windows7の人は対応が必要)
PCの使用用途や頻度により予算は異なってくるかと思うが、筆者の様な使い方をしている人には参考になるモデルだと思う。

f:id:apple2019a:20191130150514j:plain
富士通製AH45/B3 ガーネットレッドはネイビーと並んで好きなカラー

f:id:apple2019a:20191130150455j:plain
15.6インチの標準ホームノートサイズ

f:id:apple2019a:20191130150544j:plain
展示品によく貼ってある構成やソフトの概要シール

f:id:apple2019a:20191130150602j:plain
ポートは左側面に、USBCが1ポート、USB3.0が2ポート、HDMIとLANポートが1つ

f:id:apple2019a:20191130150532j:plain右側面はUSB2.0が1ポート、SDカードスロットとBlu-rayドライブ

f:id:apple2019a:20191130150551j:plain
タッチパッドは標準的な大きさがだが、普段はマウスなので使用感は不明

f:id:apple2019a:20191130150707j:plain
キーボード上部がすべてスピーカーになっているのでステレオ感がある音質

f:id:apple2019a:20191130150624j:plain
15.6インチのフルHD液晶なので超高精細とはいかないが、発色も良く十分なレベル

【関連記事】 

apple2019a.hatenablog.com

★今回購入したショップとモデル

a.r10.to

★メーカー直販ページ

www.fujitsu-webmart.com