peach's blog

北陸のお酒や温泉をメインに徒然と綴っています。

世界が認めた甘美で艶やかな大吟醸 鹿野酒造「KISS of FIRE」

常きげん」ブランドで有名な鹿野酒造。石川県だけではなく全国的にも有名な酒蔵で、山廃や純米の大吟醸では720mlで4,000円~5,000円もする高級酒が並ぶが、その中でも異彩を放つ大吟醸がある。その名も「KISS of FIRE」。情熱的な口づけと冠されたこの日本酒は山田錦を50%まで磨き3年熟成させた大吟醸で、艶のある吟醸香と濃厚な甘みと旨味が際立つ、まさに情熱的な日本酒だ。
若い酒造りマイスター達が世界に通用する酒として醸造した大吟醸だが、期待を裏切ることなく世界で高い評価を受けている。
何しろルイヴィトンのニューイヤーパーティーでセレクトされ、さらには2012年にノーベル生理学・医学賞を受賞した山中伸弥教授のナイトキャップパーティーでも使用される等、世界でも有数の華やかなパーティーで選ばれる日本酒となっている。

そして世界で活躍する日本酒だけにボトルデザインもオシャレだ。青を基調としボトルは上部のキャップから下方向へ徐々に丸みを帯びていくデザインとなっており、まるでエリクサーの瓶。一見すると日本酒には見えず、高級クラブにある高価な外国酒の様だ。
また通常の日本酒は720ml(4合瓶)での販売がほとんどだが、KISS of FIREは750mlとなっておりワインボトルと同じ容量となっている。この辺りも日本ではなく世界を意識したマーケティングとなっている様だ。
そのため価格は4,000円(税抜き)と高めの価格設定となっておりこれまでは中々手が出せなかったのだが、気軽に飲めるようにと270mlのミニサイズ(KISS of FIRE MINI)が販売されるようになった。それでも価格は1,350円(税抜き)と高いのだが、最近近所のやまやでミニサイズが入荷されていたので思い切って購入。

冷蔵庫で冷やして風呂上がりの晩酌で最高級の冷酒を味わってみる。
ラベルのキャップを外しお猪口に注ぐと微かに甘い香りが漂ってくる。口に含むと濃厚な旨味と微かな酸味が感じられ、芳醇な甘みとコクが口の中に広がり、後口で少し感じるキレ。妖艶すぎず華美な印象は飲み手に与えないが、非常に芳醇で吟醸香豊かなお酒でまさに「情熱的な口づけ」に相応しい大吟醸
そして豊かな香りと濃厚な甘みの広がりを感じた瞬間、刹那的はじけるキレが後口をサッパリさせ余韻を残さない。
石川のお酒は芳醇さや濃厚なコクを感じさせる日本酒は多いが、艶やかな香りを感じさせるお酒は少ないと思う。そういう意味では香りでも高級感を感じさせる日本酒に仕上がっていると思う。

「艶やかな香り」と「甘美なコク」そして「刹那的なキレ」。日本人が飲むと気後れしてしまうかもしれない新感覚の大吟醸だが、世界が認める旨さは本物。
お手頃価格でセレブレティが飲むお酒を体験してみるのも良いのではないだろうか。

f:id:apple2019a:20200616181350j:plain

f:id:apple2019a:20200616181301j:plain

f:id:apple2019a:20200616181237j:plain

f:id:apple2019a:20200616181324j:plain

    f:id:apple2019a:20200616181226j:plain

f:id:apple2019a:20200616181518j:plain

f:id:apple2019a:20200616181432j:plain


【関連記事】
www.jokigen.co.jp

hb.afl.rakuten.co.jp

hb.afl.rakuten.co.jp

hb.afl.rakuten.co.jpapple2019a.hatenablog.com  

apple2019a.hatenablog.com