peach's blog

北陸のお酒や温泉をメインに徒然と綴っています。

赤星が美味しく感じられる年齢になってきました。 サッポロビール「サッポロラガー」

最近はサッポロビールにはまっている。
特に飲むのは通称「赤星」で知られるサッポロラガービール
黒ラベルも旨いが、ホップの芳醇な香りが最近苦手になってきて、むしろラガービールのほろ苦さとスッキリとした飲み心地が合うようになってきた。
ちなみにサッポロラガーは瓶ビールの販売が基本。缶ビールでは展開していないが、時々期間限定で缶ビールでの販売を行う時がある。
最近では10月~11月に缶ビール販売がされたが、もう在庫はない時期だろう。
そのため、サッポロラガーを飲みたい場合は酒屋で大瓶(298円)or中瓶(268円)を購入しないといけない。

最近は瓶ビールを飲む人は少ないだろうが、自分は瓶ビールのデザインやラベルが好きなタイプ。ラベルを見ながら飲むビールは昭和感があって旨さが倍増する。
子供の頃、コカ・コーラも缶より瓶の方が美味しい気がした。
無論中身は同じコーラなので何の根拠もない話なのだが、CMの影響なのか何となく気分がそう感じさせるのだろう。
ビールも同じで、何となく缶ビールよりも瓶ビール(もしくはお店の生ビール)の方が美味しく感じる。特に温泉旅館に泊まって、深夜の風呂上りに物思いに耽りながら飲む瓶ビールは格別だ。(ちなみに日本のビールは、缶も瓶も生ビールなのでお店の生中と同じもの)
中身は同じはずなのに、飲み方や入れ物が違うだけで味わいが変わるなんて、人間は本当に単純な生き物だ。だが、そんな単純なことで気分を変えられるのは幸せなことでもあると思う。料理も同じで、器が違うだけで、盛り方が違うだけで美味しくもなるし、不味くもなる。

少しセンチメンタルになったが、普段缶ビールで販売されないサッポロラガーは、自分もそうだが若い世代にはなじみが薄いと思う。クラフトビールやプレミアムビールも美味しいが、昭和感(高度経済成長期か)が味わえる「赤星」を、是非瓶ビールで味わってもらいたいと思う。

f:id:apple2019a:20201124224405j:plain

f:id:apple2019a:20201124223339j:plain

f:id:apple2019a:20201124223353j:plain



【関連記事】

www.sapporobeer.jpwww.sapporobeer.jp

hb.afl.rakuten.co.jp

hb.afl.rakuten.co.jp