peach's blog

北陸のお酒や温泉をメインに徒然と綴っています。

ちょい足しレシピで甘辛麺に! 旨辛インスタント汁無し麺 paldo「ホットタッカルビ」

以前レビューしたpaldoの「ホットタッカルビ」。
そこまで激辛ではなかったが、久し振りに辛い物が食べたくなったので、やまやで一袋購入して晩酌のお供にすることに。
ホットタッカルビ単体でも旨いがもう少し味に深みを出したいと思い、今回はちょい足しレシピにしてみる。
と言っても手間は掛けたくないので、挽肉と野菜を使った簡単レシピにした。

f:id:apple2019a:20210430160125j:plain


【具材(1人前)】
 ・豚挽肉  : 100ℊ
 ・新玉ねぎ : 1/4玉
 ・にら   : 少々

【調理法】
①フライパンで具材を先に炒める。
 後で麺と一緒に旨辛ソースで炒めるのでこの時点で味付けは不要だが、今回は濃い目の味付けにしたいので、炒める際に塩コショウと味の素を少々振って、軽く味を調えた。

 

②炒め終わった具材を一旦皿に移す。

f:id:apple2019a:20210430160008j:plain


③フライパンを軽く洗ってからお湯を300CCほど入れ、2分程麺をゆでる。

f:id:apple2019a:20210430160047j:plain


④フライパンの水分が少なくなったら、具材を入れ、液体ソースを掛け、水分が飛ぶまで炒める。

f:id:apple2019a:20210430155416j:plain

f:id:apple2019a:20210430155605j:plain

f:id:apple2019a:20210430155522j:plain

 

⑤皿に盛りつけ、かやくをかけて出来が上がり。

f:id:apple2019a:20210430155804j:plain

f:id:apple2019a:20210430155900j:plain

 

ホットタッカルビは元々甘辛系の味付けだったが、豚挽肉と新玉の甘みが追加され、さらに甘辛な味付けになっている。もう少し辛味を足した方が刺激があって美味しかったかも。今回は辛い物が食べたかったので、ちょい足しレシピが余計だったかもしれない。
ただ、辛味は強くないが甘味と旨味が凝縮された濃い味付けなので、酒の肴にもおやつにも相性が良い。甘味が強いので辛い料理が苦手な人でも抵抗なく、ピリッとくる刺激を楽しめると思う。
コロナの影響で外食もままならないGWだが、ホットタッカルビを肴に自宅で晩酌を楽しむのも一興かと思う。

【関連記事】

hb.afl.rakuten.co.jp

hb.afl.rakuten.co.jp

hb.afl.rakuten.co.jp

hb.afl.rakuten.co.jp 

apple2019a.hatenablog.com 

apple2019a.hatenablog.com 

apple2019a.hatenablog.com