peach's blog

北陸のお酒や温泉をメインに徒然と綴っています。

白戸軒のカップラーメンいただきました。

家族の携帯電話の機種変に付き添いソフトバンクショップに行ったところ、噂のカップラーメン、白戸軒を2個もらった。
若干ミーハーな感じだが、折角2個もらったので1個食べてみることに。
 
確かにカップラーメンの包装にどデカく、「白戸軒」とお父さんの顔が印刷されている。当然容器側面にも「白戸軒」の文字が描かれている。
 
イメージ 1
白戸軒 上からの眺め
 
イメージ 2
側面もしっかり白戸軒
 
そして蓋を半分くらいはぐってみると・・・・。
 
当然なのかもしれないが芸が細かい。粉末スープと調理油の袋にもお父さんが描かれている。そしてお父さんから一言。「食べる直前に入れるんだぞ」
 
あ~、粉末スープは先にいれちゃだめなのね。書いてなかったら先に入れるところだった。まあどっちでも関係ない気がするが。
 
イメージ 3
スープの袋にもお父さんが!!
 
とりあえずお湯を入れようと蓋をさらにはぐると、出てきました、「ガンコ親父のこだわり6カ条」。
「腹八分目」やら「やけどに注意」やら「ラーメンを人に投げるな」やら人として注意すべきことが書いてあるが、一つだけ「?」な内容が。
「待つのも大事。人生もラーメンも」の文字の上に「4:00」のタイマーの絵が・・・。
そうか、3分じゃなくて4分待たなきゃいけいない麺なのか。もう少しで固ゆで麺を食べるところだった。
 
そして4分経過し粉末スープを入れてみると、乾燥野菜と白濁スープに変化。
 
イメージ 4
裏蓋にガンコおやじの6カ条。中身はタンメンでした。
 
なるほど、白戸軒はタンメンでした。味は、可もなく不可もなくと言ったところ。イメージしてたのは昔ながらの中華そばだったからちょっと残念。個人的にはカップヌードルの方が好み。というかカップヌードル原理主義だからどうしようもないが。
 
まあ、細かいところまで気配りしたカップラーメンで見て楽しむ分にはいいかも。
お店によってはまだまだ置いてあるようなので、興味のある人はSBショップ(他キャリアでもOKみたい)に行ってみましょう。
 
ちなみにカップラーメンの製造元は日清食品でした。