peach's blog

北陸のお酒や温泉をメインに徒然と綴っています。

九頭龍系の味 ラーメン専門店あさくら

連日雪が降り続くせいか、体がラーメンを求めいる今日この頃。
なんだかんだで除雪をすると汗をかくせいか、温かくて塩気のあるものを体が欲しているようだ。
まあ、塩分は1日6gまでと言われているが、休日くらいは美味しいものを食べたいもの。
幸い、平日の野菜・魚中心生活のためか、体重・血圧も順調に下がっているのでランチはまたまたラーメン屋へ。
 
今日は、以前、九頭龍の長江店があった場所にある、ラーメン・餃子専門店の「あさくら」の中華そばをいただきました。
富山市内は岩本屋や一風堂などの有名店も最近出店するようになったが、やっぱりラーメンと言えばシンプルな中華そばが一番。
今日の「あさくら」も九頭龍の姉妹店と聞いていたので、いってみることにした。
 
中華そばは550円とお手頃な価格だが、見た目は九頭龍の中華そばに似ている感じだ。
 
イメージ 1
 
九頭龍の晩年の中華そばは酸味が強調されたラーメンだったが、お店を大きくする前の九頭龍は、甘みとしょっぱさのバランスが絶妙で旨味とコクがあるラーメンだったが、あさくらの中華そばはまさに初期の九頭龍に近い味だと思う。
コクが少し足りないのが残念だが、中太のちょっと縮れた麺でスープにマッチしたラーメンだ。
 
調べてみるとどうやら九頭龍の姉妹店ではなく、富大近くにあったラーメン屋が、九頭龍の長江店が店じまいした後に移転してきたようだ。
味が似ているのと九頭龍長江店と同じ場所で開店しているので、多くの人が九頭龍系のお店と思っているようだが実際は違うらしい。
しかし、麺やスープの感じは正統派の中華そばで「オールド九頭龍」に似ているので、自分もてっきり九頭龍系だと思っていた。
 
余談だが、あさくらではおでんも出している。「九頭龍」といい「まるたかや」といい、屋台ラーメンから始まったお店はおでんも出す傾向が多いようだ。
ラーメンの味わいも共通している感じがするが、昭和のラーメンという意味ではお店の成立ちや形態が似通っているのかもしれない。
(あさくらは屋台ラーメンにルーツを持つお店かはわからないが・・・)
 
餃子も大きくて7個入り(450円)で食べごたえがあった。
 
 
個人的はまるたかやよりハマるお店ではないかと思う。