peach's blog

北陸のお酒や温泉をメインに徒然と綴っています。

島根紀行① 松江の名物居酒屋 やまいち

10月の3連休で島根を観光。
主に松江市内と出雲大社を回ってきたが、島根県日本海に面していることもあり、食材が豊富。
特に宍道湖は海水と淡水が混じり合う汽水湖であり、シジミなどの水産物が豊富な日本有数の漁場でもある。
 
そんな松江で有名な居酒屋と言えば、「やまいち」だろう。
旅チャンネルで人気の居酒屋番組「日本居酒屋紀行」シリーズで太田和彦氏が絶賛していたお店。
以前、居酒屋紀行やまいちを観て、いつか山陰に行く機会があれば絶対行こうと思っていのだが、今回、出雲大社に参詣することになったので、念願かなって訪問することが出来た。
 
やまいちは16:30から開店しているので、比較的早い時間からお酒が飲めるうれしいお店。
今回、松江駅近くのホテルにチェックインしたのが16:00で、お店のある新大橋のたもとまで歩いても15分位なので、荷物をおいて一服してから、やまいちへ移動。
見事、一番目の客として入店することが出来た.
 
店内は6,7人位が座れるカウンターと小上がりが3つほどのこじんまりとした、小さなお店。
メニューは地元の宍道湖で獲れる魚介を中心としたメニューでそれ程種類は豊富ではない。
魚介嫌いの人にはお薦め出来ないお店だ。
また、メニューに値段が書かれていない。まあ、やまいちに来る客は居酒屋好きが多いと思うので、美味しいものを食べるのに値段の高い安い等は愚問だろうが、気になる人は都度値段を確認した方がいいだろう。
今回、1万近くお支払してしまったので・・・。
 
で、宍道湖の名物は何といってもシジミ。そして秋が旬のもろげエビ。
もろげエビとは、車エビの一種でガスエビ等とも呼ばれ、富山湾から西域に分布するエビで広く食用として用いられている。
シジミはみそ汁で、もろげエビは素揚げでいただくのがやまいち流。秋に松江に来て、これらを食べずに帰ったら太田氏に怒られてしまいます。
 
そして魚介以外で注目が定番のおでん。やまいちのおでんは具材が大きく、そして味が良く浸み込んでいて非常に美味しい。おでんだけでも何杯もお酒が進む。もろげエビがない時期でもおでんで十分楽しめるお店。
 
全般的に値段は高いと思われるが、居酒屋としてのクオリティは非常に高いので、旬の魚介やおでんを楽しみたい人は足を運ぶべきお店だろう。
 
イメージ 1
やまいち 外観
 
イメージ 2
鯛のお刺身
 
イメージ 3
鰈の揚げ物
 
イメージ 4
おでんの盛り合わせ
 
イメージ 5
もろげエビの素揚げ
 
イメージ 6
うなぎの白焼き
 
イメージ 7
 
イメージ 8
地酒 豊の秋 純米