peach's blog

北陸のお酒や温泉をメインに徒然と綴っています。

新潟上越のLOHAS蔵元 よしかわ杜氏の里「天恵楽」

新潟県上越市にある吉川地区。
新潟県と言えば日本酒の蔵元が多いことで有名で、「久保田」や「八海山」等、日本酒を代表する銘柄が多い。
そんな酒処新潟で、昔ながらのLOHASなスタイルを標榜して酒造りを行っているのが、「よしかわ杜氏の里」。
 
正直、実態は分かりませんが、まだまだ手付かずの広大な農村地帯であることは間違いない。
そんな酒造りにピッタリな上越市吉川地区で「よしかわ杜氏の里」では、「よしかわ杜氏本醸造)」、「天恵楽(純米酒」、「有がたし(純米酒)」を醸造している。
 
母方の親戚が付近にいる関係で、9月に「天恵楽」を入手したので遅ればせながら試飲してみた。
 
 
イメージ 1
 
いや、こいつは旨い。深いコクと旨みが濃縮されていながら、さりとて重くなくスッキリした味わい。
酒の肴は、秋になり脂が乗ったフクラギにしたのだが、コクのあるフクラギの味わいを殺すことなく、酒そのものの芳醇なコクと旨みを味わうことが出来た。
 
山田錦の「しぼりたて無濾過生原酒」を「氷室熟成」したから、芳醇さとまろやかさが同居する美味い酒が出来たのだろう。
 
季節限定酒で毎年6月から9月ごろにかけて販売されているとのことで、気になる人は6月ごろにお店へ確認した方が良いだろう。
 
イメージ 2
 
イメージ 3