peach's blog

北陸のお酒や温泉をメインに徒然と綴っています。

岡山の芳醇純米酒 嘉美心酒造「特別純米酒 嘉美心」

行きつけの焼き鳥屋さん「串だるま」さんでは、嬉しいことに日本酒の五寸瓶を取り扱っている。
 
五寸瓶は一合(180ml)と少量だが、色んなお酒を呑みたい時に少しずつ飲めるので便利。
大体一本で400円~800円前後なので、場合によっては4合瓶買うより経済的ではないが、試し飲みしたい場合は、4合瓶を買わずに五寸瓶で呑んだ方が安くなる。
はせがわ酒店に行くときは五寸瓶を購入することが多くなってきた。
 
さて、今回串だるまで呑んだのが、岡山県の海沿いにある蔵元、嘉美心酒造特別純米酒嘉美心 渚のうた」。
 
五寸瓶は日垣的新しいカテゴリーなので、ボトルデザインも現在風でスタイリッシュなものが多い。
「渚のうた」も多分に漏れず、青を基調としたスタイリッシュなボトル。瀬戸内海をイメージしているのだろう。
 
味わいは純米酒らしい旨みと柔らかいコクが広がるお酒。ただ、特別純米の割には力強さが足りないか。もう少し酒米の主張があっても良いと思う。まあ、アルコール度が低めだからかもしれないが。
 
甘味がそこまで強いわけではなくもうちょっとインパクトがあるお酒なら最高だったが、個人的には好みの味。
インパクトが弱い分、食中酒には最適なお酒だった。
 
イメージ 1
特別純米「嘉美心 渚のうた」
 
イメージ 2
お酒に厚揚げ焼きにアスパラとエリンギの炒めもの
酒呑みにはまさに一幅の絵