peach's blog

北陸のお酒や温泉をメインに徒然と綴っています。

新生 東京駅ラベル

ようやく涼しくなってきた今日この頃。夏はビールが美味しい季節だが、秋はやっぱり日本酒ですね。
ということで、旅行で東京行ったついでに色々日本酒を購入。
 
いつも立ち寄るGranStaはせがわ酒店冷やおろしを物色していると、GranStaオリジナル日本酒、「東京駅ラベル」を発見!
元々は野崎酒造の「喜正 Tokyo Station」(純米吟醸)レーベルだったのだが、こちらは2011年2月で販売終了となってしまった。1400円(720ml)にしてはすっきりとして美味しいお酒だったので残念であったのだが、なんと埼玉県の麻原酒造からシリーズ2代目として「TOKYO STATION 純米吟醸」が発売されていた。そういやはせがわ酒店のHPに掲載されていたの忘れてた・・・。で、当然購入しました。
 
イメージ 1
 
 
今回は720mlではなく小ボトルを購入。前の喜正さんはコクの中にキレがある感じだったが、麻原酒造さんのはやわらかくふくよかな感じのお酒。どちらかというと喜正さんの方が好みだが、東京の土産品として十二分なお酒です。
 
イメージ 2
 
 
今回はすぐに飲みきってしまったから、次回は720mlを購入してゆっくりとお酒の変化を楽しもうと思います。