peach's blog

北陸のお酒や温泉をメインに徒然と綴っています。

PSVita(3Gモデル)を買ってみた

PSP持ってるんだけど、PSVitaが値下げしたので購入した。さほど使用頻度は高くないけれども、折角だから綺麗な画面でゲームしたいと思って。
 
値下げしてWI-FIモデルも3Gも19,980円に据え置きになっているのだが、WI-FIモデルはGPSがないのと、たまたま購入時に3Gモデルしか在庫がなかったので、3Gモデルのブラックを購入。
実際にはWI-FI環境での使用しかしないので付属でついてきた3G通信20H分はほとんど使用していない。
 
今回もPSP購入時と同様にヤマダ電機で購入。ヤマダ電機の場合は本体購入時にスタートアップセット(液晶保護シート、グロス、ストラップ、カードケース、ソックスポーチ)が無料で付いてくるのでお得。
ただPSPの時とは違いメモリカードは付属していないので、本体と合わせてアクセサリーパック(8GB・3,980円)を購入。
 
中身はメモリカード、ポーチ、グロス、ストラップのセットでそれぞれ単体で買うよりはお得。
ただ、グロスやストラップは、ヤマダ電機のスタートアップセットと重複しているので若干損した気分。
 
あとは、クレードル(2,800円)も購入。ゲームよりもYouTubeやラジコ等のアプリ使用頻度が高いから、クレードルがあると視聴に非常に便利。
 
 
さて、肝心のPSVITAだが、画面やサウンドは確かにPSPより良くなっている。webブラウザもスマホと同じように操作できるのでPSPのようなストレスを感じることがない。PSPは「ゲーム機」だったが、PSVITAは「エンタテイメント端末」として刷新されている。ただ、今回から追加された背面タッチパネルが微妙。ゲームによっては背面タッチパネルに触れると誤動作することがあるのが厄介。設定で変更できるのかもしれないが・・・。
 
まあ、ゲーム自体はほとんどしないので、タブレットスマホと同様に動画や音楽の再生機としての用途になっていて、あまり買う意味なかったんじゃないかと言うのもあるが、それでもバイオシリーズなどの旧作を高精細な液晶で楽しめるのは嬉しいところ。
まあ、たまの気晴らしにはちょうど良いから無駄遣いじゃない・・・と、自己暗示をかけておこう。
 
 
イメージ 1
ヤマダ電機オリジナルスタートパック(左)
PSVITA本体(中)
PSVITAアクセサリーパック
 
イメージ 2
アクセサリーパック
ポーチ、メモリカードグロス、ストラップ
 
イメージ 3
ヤマダ電機オリジナルスタートアップセット
液晶保護シート、グロス、カードケース、ストラップ、ソックスポーチ
 
イメージ 4
 
イメージ 5
PSVITAとクレードル
 
イメージ 6
画面はかなり綺麗になってます