peach's blog

北陸のお酒や温泉をメインに徒然と綴っています。

懐かしの醤油ラーメン 富山中川原「九頭龍」

富山のラーメンと言えば「富山ブラック」が全国的に有名だが、富山ブラックよりも親しまれていたのが昔ながらの「屋台系中華そば」。その代表格が「九頭龍」だ。
石金の小さな店舗の頃から良く通っていて、店舗を拡張してからも部活帰りなどに足を運んだものだ。
晦日でも営業していて、深夜の初詣帰りの寒い中、九頭龍のラーメンを食べるのが本当に堪らなかった。
 
しかし、店主の体調不良から長らく愛されてきた九頭龍も閉店となってしまったのだが、ご子息たちが九頭龍を復活させたとのことで、久し振りに懐かしい醤油ラーメンを食べに行ってみた。
 
昔に比べると甘みが弱くなり醤油のしょっぱさが中心になったスープだが、まるたかやの酸味が強いラーメンより個人的には好みな味。
醤油ベースの黒いスープは富山ブラックに近い色合いだが、富山ブラックとは違う旨味と醤油の絶妙なバランスが良い、九頭龍のラーメン。これからもシンプルな「中華そば」ラーメンが食べられるのは嬉しいかぎりだ。
 
イメージ 1
ラーメン 600円
 
イメージ 2
スープによく絡む中太麺
 
イメージ 3
チャーシューもよし
 
イメージ 4
餃子 450円
 
イメージ 5
営業時間