peach's blog

北陸のお酒や温泉をメインに徒然と綴っています。

日本ワインの草分け 岩の原葡萄園

ワインに対する強い興味がなかったことから今まで全く知らなかったのだが、新潟県上越に立派なワイナリーがあったんですね。日本ワインの黎明期に美味しい国産ワインを目指して川上善兵衛氏が開いた「岩の原葡萄園」。
 
高田公園を散策した帰りにふと葡萄園の看板が目に入り、「時期外れの巨峰でも売ってないかな~」と軽い気持ちでいってみると、そこには立派なワインショップが!
 
イメージ 1
ワインショップ 正面
 
ワイン通に聞くと、テレビでも紹介されるくらい有名なワイナリーとのことで、日本海側に由緒ある立派なワイナリーがあることを知らなかった己の不明を恥じるばかり・・・。
 
イメージ 2
開祖 川上善兵衛
 
やはり有名なようで、16時頃に行ったにもかかわらず、7,8組程のお客さんが来店中。
ご年配の夫婦から若い子連れのファミリーまで客層も豊か。
今回は既に終了していたがレストランも営業していたり、地元の名産品(和菓子やおかき等)も販売していているなど、ワイン以外でも楽しめることが理由かと思う。
 
さて、ひとしきり店内を見たところで、ワインを購入。何本も買うと高くなるので、今回は360mlのミニボトルを3つ購入。
 
イメージ 3
 
こちらの定番ブランド「深雪花」 の赤・白と「岩の原ワイン オリジナル」の赤
(ホントは白も欲しかったが葡萄ジュースも買ったらお金が・・・)
 
ラベルがまた綺麗で、ワインそのものというよりラベル買いしたといった方が正しいかもしれない・・・。
720mlだと2000円ですが、ハーフだと1000円程で購入し易い設定もまた嬉しい。
 
どちらのブランドともロゼも用意されていたけど今回はパス。とりあえず今回買ったミディアムボディを飲んで味を確かめてからフルボディに挑戦!!
なんて言うほどワインの味はわからないのだが、とりあえず、「岩の原ワイン オリジナル」を開封
 
 
イメージ 4
 
程良い渋みと酸味で自己主張が強くないが、その分飲みやすい印象。面白みにかけるかもしれない。
 
今回は(赤にもかかわらず!)マグロとカツオのお刺身に合わせてみたが、やっぱり日本酒の方が美味しくいただけることを再確認。
ただ、ワイン自体は美味しいので、今度は肉料理と「深雪花」の赤を試してみます。
 
ちなみにこちらのワイナリーでは、200円払うと試飲ができるが、試飲できるのは安いワインのみ。
今回買ったワイン以上のものは試飲できないのが残念。
(試飲後は試飲グラスを返却すると、200円が返ってくるので、実質はタダで試飲可能)
 
あと、ワインを熟成させるワイン蔵等も見学可能です。
 
今度はもう少し時間をかけて見学してみたいもんです。