peach's blog

北陸のお酒や温泉をメインに徒然と綴っています。

内灘の洋食屋さん こしょう亭

内灘にある洋食屋さん、こしょう亭。
その歴史は長いようで、一昔前までは石川の洋食屋さんといえば必ず名前が挙がっていた様子。
昔ながらの洋食さんだが値段はそれなりに高い。しかし、昔の内灘は食事処が少なく、内灘界隈で食事をする場合はこしょう亭に行く場合が多かったと聞く。
 
まあ、金沢も10年くらい前までは郊外には食事処が少ない印象だったが、現在では、野々市や駅西、杜の里などに大型店舗が進出し、それに付随して飲食店も増えているようだ。
 
そんな発展著しい金沢で古くから内灘にお店を構える「こしょう亭」は現代でいうところのイタリアンやフレンチと言ったお店ではなく、レトロな洋食屋と言った趣き。
 
イメージ 4
 
パスタ、カレー、ドリアやグラタン、ハンバーグと言った基本的な洋食から、シーフードや牛ヒレ肉のグリル(ステーキ類は2,000円から4,000円台でお高め)まで、幅広くメニューを取り扱っている。
 
また、定食形式のメニューもあり、ハンバーグだと単品とライスやスープのセットで1,600円程度(セットは200円から700円程度まで3コースあり)になるが、定食だと、ごはん、みそ汁、小鉢、デザートがついて2、300円程安くなる。
 
イメージ 3
ポークジンジャー定食(1,340円)
 
今回は久しく洋食を食べていないということで、訪問。
ハンバーグは半年以上食べていなかったので、ハンバーグセットをチョイス。
こちらでは、ホワイトソース、チーズとデミグラスソース、バーベキュー、コショウ風味のタイプがあり、お店の名前であるコショウ風味のハンバーグをよく食べていたのだが、少し固焼きの感じのパテでコショウだけでは風味足りない感じがしていたので、今回はデミグラスソースのハンバーガーを注文。
 
今回のハンバーグは、パテが柔らかくソースとチーズがよく絡んでいて非常に美味しい。
付け合せの野菜の炒め物との相性もバッチリ。ホウレンソウソテー、ポテト、ニンジンのグラッセも最近の洋食ではあまり見かけなくなった取り合わせで嬉しい。
 
 
イメージ 1
チーズとデミグラスソースのハンバーグ
 
値段はハンバーグだけで980円と高いが、このハンバーグならこれくらい出してもいいかも。
 
セットはサラダ、スープ、ごはんのBセットだが600円程でもうちょっと安いと嬉しいが、ご飯も大盛りでギリギリ許容範囲ではある。(とはいえ、値段を考えると食べに行くのを止めることが多いが・・。)
 
イメージ 2
セットのスープ
 
値段が高めなので大家族で行くと大変な出費になってしまうが(何となく客層も上流階級に見えるが・・・。内灘という土地柄のせいか・・・)記念日などに奮発して美味しい洋食ディナーを堪能するには良いお店だと思う。