peach's blog

北陸のお酒や温泉をメインに徒然と綴っています。

au夏モデル「AQUOS PHONE SERIE SHL22 」に機種変

auの夏モデル。2013年は4機種がリリースされた。
これまではシャープ製のIS17SHを使用していたが、スペックとしては、シングルコアのエントリーモデル。
とは言え、個人的にはラウンドフォルムのデザインと薄さ、そして何よりメモリ液晶が大変重宝していた。そしてシングルコアの割には快適な操作性で、カメラ性能が高くないこと、そして解像度・画素密度(4.2インチQHD・約260ppi)が低くなければなければ文句なしの隠れた名機、だったのだが。
何故なんだろうか。
新しい機種が欲しくなってしまった。まあ、ブラウザ閲覧などを考えると5インチクラスがちょうどいいとは思っていたのだが・・・。
 
やはり仕事やプライベートのストレスを発散するには物欲が良いらしい。ということで、7月12日発売の「AQUOS PHONE SERIE SHL22 」に衝動的に機種編してきました。
 
発売日翌日に竪町のauショップで機種編。auショップだと78,000円位の価格で、そこから3G→LTE乗換割やら各種有料サービスの登録でいくらか割引になったのだが、そもそもオンラインショップや量販店の販売価格は63,000円くらいじゃなかったっけ・・・。割引が効いて、実質支払額は市販価格との場合と同じレベルに落ち着いたが、なにやらauショップで買うと割高なような。後で気づいたからどうしようもないのだが、購入を検討している場合は本体価格をよく調べてから行った方が良いと思われます。
 
さて、肝心のSHL22だが、解像度はHDのため、SBMやドコモのフルHDに比べ解像度が低い。画素密度は約300ppiで前モデルより若干低くなっている。
SMBやドコモのシャープ端末はフルセグやフルHDをセールスポイントにしているのに対して、au端末は省電力を売りにするために、電力消費を抑えるよう高解像度やフルセグ等は避けたためのようだ。
まあ、auモデルは「IGZO」と「3080mAhバッテリー」によるバッテリーの長時間保持を謳っているのだが、だからこそ省電力を活かして、フルセグやフルHDを搭載すればよかったのだと思うのだが。IGZOの性能が発揮されるも静止画像状態のわけだし、動画等を閲覧する機会が増えているスマホにおいて、スペック上の省電力を謳ってもあまり意味が無いのではと思う。
 
また、OSも4.0系から4.2系にバージョンアップしているが、あまり変化は感じられない。
 
そのためか実際使用してみても、劇的な変化というものが無いのが実感だ。
価格.com等では高評価となっているが、IS03や04から機種編すればそれは当然雲泥の差だろう。
 
カメラ機能については確かに向上しているが、個人的にはCMOSよりCCDの方が写りが良い感じがしていてしっくりこないし。
まあ、写真撮るならちゃんとしたカメラを買うべきなんだけど、スマホで撮った方が色々便利だからな・・・。
 
解像度は上がっているので、動画等はIS17SHに比べると精細になっている。
 
とは言え、なんかしっくりこないんだよな。
 
思うにIS17SHに適用されていたメモリ液晶。これが無いのがマイナスポイントになってしまっている。
IS17SHの場合、ホームボタン等がメモリ液晶に表示されており、暗闇でもボタンが発光していたので視認性が高かった。また、画面OFF時でもメモリ液晶に時計やメール受信情報などが表示されるため、電源ボタンを押さなくても各種情報が確認できたのだが、SHL22でホームボタン等が光らないため、暗闇での操作性が悪化している。また、メモリ液晶もないため、当然ながら画面OFF時にはパッと時刻等が確認できない。
 
まあ、メモリ液晶搭載の機種は殆どないのであまりこの点を問題にする人は少ないだろうが、auのシャープユーザーなら理解できる方もいるだろう。
 
また、LTEモデルのためテザリングも可能だが、月間7GBの制約もあり実際には自宅ではWI-FI接続、屋外ではWIMAXルータでの接続にしている。結構、動画を観ることが多く、端末側での通信料を確認すると7GBに到達する勢いなので、あまりLTEをフル活用できない。まあ、高速通信は元々必要としていないので、今は3G回線での通信としている(auでは3Gも5GB超の使用で通信制限がかかるが)
 
個人的はメモリ液晶が余程はまっていたのだろう。機種編してみて改めて実感した。
 
とは言え、専用のクレードルが付いているので、いちいちUSB端子にケーブルをつなげる必要が無いのはありがたいが、今後、メモリ液晶モデルが発表されたら、毎月割が終わっていなくても機種編しそうだ・・・。
 
イメージ 1
SHL22 クレードルがついているのは嬉しい
 
イメージ 2
左IS17SH(4.2インチ)、右SHL22(4.9インチ)
 
イメージ 3
上IS17SH、下SHL22。一回大きい。
 
イメージ 4
薄さは1㎜程厚くなっている。
 
イメージ 5
分割で購入したから気付かなかったけど、税込3,675円・・・・
 
イメージ 6
個人的にはラスタバナナソフトカバーがおすすめ
電源ボタンもカバーしてくれるので安心。1,280円