peach's blog

北陸のお酒や温泉をメインに徒然と綴っています。

ネスカフェ ドルチェグストで味わう本格コーヒー

自宅で飲むコーヒーと言えばインスタントコーヒーが多いのですが、インスタントコーヒーではカフェやレストランのような美味しいコーヒーとまではいきません。ドリップコーヒーにすれば多少は違うけれども、やはり本格的なコーヒーとまではいかず・・・。
 
そんな時、とあるお店でエスプレッソマシーンが置いてあるのを見て、家庭用のコーヒーメーカーを買えばコーヒー豆を挽いて飲めることに気づき一年前くらいからインテリアショップで調査を開始。
すると、豆を挽かなくてもカプセルや紙パックで新鮮なコーヒーを淹れることが出来るマシーンを発見!
正直、エスプレッソマシーンでは、自分で美味しい豆を探してこなければならず、抽出も難しいとのことで、だったら、一定の品質で飲めるメーカー製のマシンを購入することに。
 
そこで、購入したのが、ネスカフェの「ドルチェグスト
 
イメージ 1
 
このマシーンの良いところは、お湯を沸かさなくてもマシーン内で高い気圧をかけることにより、すぐにお湯がでてくること。
そして、密封されたコーヒーカプセルのため、毎回、新鮮なコーヒーを堪能でき、また、レギュラーコーヒーの他に、エスプレッソやカプチーノ、そしてマキアートやチョコチーノ(ココア)等、バラエティが豊富でその日の気分に合わせたコーヒーを飲むことができます。
 
難しい操作も要らず、簡単に美味しいコーヒーが飲めるので大変重宝しています。
 
例えば、カプチーノ
 
まずはマシーンにミルクカプセルをセットして抽出。
 
イメージ 2
 
 
大体、カップの持ち手の高さ位まで(カップの7割くらい)ミルクを抽出。
 
イメージ 7
 
次に、コーヒーカプセルをセットしてちょこっとコーヒーを抽出すると・・・
 
イメージ 3
 
 
 クリーミーカプチーノの出来上がり!!
 
イメージ 4
 
 
 レギュラーコーヒーもカプセルをセットして抽出(ミルクカプセルは使用しない)。
 
イメージ 8
 
もうそろそろかな?
 
イメージ 5
 
 
コーヒーの出来上がり!!
 
イメージ 6
 
 
ドルチェグストのコーヒーは、インスタントコーヒーとは違いクリーミーで美味しいコーヒー。
視覚的で分かりやすいレシピがついており、また、一番美味しく呑める分量になるよう最適化されたコーヒーカップが用意されているので(付属品はカプチーノとマキアート用のカップとソーサーが1セットずつ。なのでコーヒー用は購入が必要)、誰でも簡単にコーヒーを入れることが出来ます。
 
ただ、このドルチェグスト。マシン自体もそうだが、付属のカップやカプセルを販売している場所が少ない・・・。
デパートやホームセンター、ショッピングモールのインテリア・生活雑貨コーナーに置いてあることが多く、スーパーなどではあまり置いてありません。
 
本体は24,800円とちょっと高めで、カプセルも一杯100円程の単価でこちらもちょっと高いです。
 
なので、夜や休日にゆっくり飲みたい時や来客の際等はドルチェグストで淹れて、朝などはインスタントコーヒーにするといった形で併用しています。
 
 
毎日飲むにはちょっと高いですが、クリスマスケーキ等に合わせるコーヒーとしてはもってこいかも。