peach's blog

北陸のお酒や温泉をメインに徒然と綴っています。

飛騨高山紀行⑥ 聖地巡礼?ノスタルジックな純喫茶 バグパイプ

高山の二泊目は宮川朝市でかじ橋珈琲でモーニングをとり、城山公園高山城跡を散策。散策路は大した距離ではないが急な勾配が続き、朝から汗でびっしょり。でも木々に囲まれた公園は緑が豊かで空気が澄んでいる。高山城は破却されているので跡地しかないが、城跡から高山の町が一望でき、天守からの眺めはさぞかし良かったことだろう。城山公園には20台分の駐車場があるので、公園や付近の街並みを散策する際に便利。汗をかく想定ではなかったが、車の中で着替えが出来たので丁度良かった。

その後はお昼に高山を発つまで街中でお土産探し。やはり高山は木工工芸品が多く欲しいなと思う物もあったが、普段100均や中古品等を買って安くしのいでいる我が家では高嶺の花の品が多い。結局、小さなさるぼぼを我が家と実家のお土産に購入。その後は舩山酒造店等を見学しながら町全体を再散策。改めて高山の風情を満喫。

そしてお昼を食べて買える頃合いとなったのだが、さて、お昼ご飯をどうしようか。
蕎麦は1,000円以上するし、飛騨牛はもっと高い。高山ラーメンのお店はどこも行列が出来ている。あてもなくさんまち付近を歩いていると、「バグパイプ」と書かれた洋風の建物が目に入る。アイリッシュバーの様な店構えだが水出し珈琲のお店らしい。そういえば昨日通りかかったときに客がたくさんいたのを思い出し人気店なら間違いないだろうと入店。たまたま一席空いていたので並ばずに座れた。店内は木を基調とした設計で椅子も机も木製。たまたま外国人の団体客が入っており、内装と相まってやはりアイリッシュバーの様だ。グラスビールをゆっくり嗜みたい雰囲気になるお店だが車で帰るので泣く泣く我慢。
お腹は空いていたのだが店内が込み合っていて店員さんも忙しそうなので、ベイクドチーズケーキと珈琲を注文。ケーキはしっとりとしていて美味。今回は件の団体客が賑やかだったが、客入りが少なければ雰囲気のある落ち着いたカフェなんじゃないだろうか。
で、ブログの記事にしようと改めてバグパイプを調べてみたら、このお店はアニメの舞台になったお店だったんすね。夫婦ともにそんなにアニマに詳しくなく知らなかったのだが、このお店に来る人は「聖地巡礼」を目的に来る人も多い様だ。そう言えば隣に座っていた若い男性3人組もそんな雰囲気だった気がする…。

それにしても高山は古い町屋と、意外と多い昭和風情を感じる古き良き純喫茶が程良くマッチしていて美しい城下町だった。京都等の大きな観光地と違い、一泊すれば大体見て回れる規模の街かと思う。次は八幡祭の時期に観光してみたい。

f:id:apple2019a:20190809095625j:plain
              城山公園 遊歩道入口付近

f:id:apple2019a:20190809095630j:plain
              久寿玉で有名な平瀬酒造

f:id:apple2019a:20190809095535j:plain               
                 町屋と朝顔

f:id:apple2019a:20190809095550j:plain
               高山豊明台町保存地区

f:id:apple2019a:20190809095559j:plain
            バグパイプのチーズケーキセット

 

apple2019a.hatenablog.com

 

 高山のお酒ならはせがわ酒店