peach's blog

北陸のお酒や温泉をメインに徒然と綴っています。

富山の定番吟醸酒 桝田酒造「満寿泉 純米」

富山の有名な日本酒と言えば銀盤立山だが、吟醸酒と言えば桝田酒造店の満寿泉。
北前船で栄えた富山市岩瀬浜にある酒蔵で、吟醸酒がまだ一般的でなかった昭和の頃から吟醸酒造りを行っていて、今では満寿泉と言えば吟醸酒の代名詞になるほど日本酒化ではメジャーな酒蔵。富山では高級酒であり、贈答やお祝いの席で開けるお酒のイメージがあった。
最近は石川の酒を飲む機会が多かったが、たまにはハレの日を富山の高級酒で祝うのも一興かと思い、新年のお酒の一本として満寿泉の純米酒を購入。吟醸酒でもよかったのだが、純米酒でも旨かった記憶があるので、最近の純米好きの自分の嗜好と新年からコスパを優先して純米酒に。
しかし、純米酒ながら精米歩合58%と吟醸酒並みの磨きで、吟醸香の様な味わいと米の芳醇な旨みが漂う。それでいて冗長感がなくスッキリと飲めるお酒。
四合瓶で1,300円だが、この値段で吟醸酒の様な酒が飲めるとは、改めて満寿泉の日本酒としての完成度を再認識。
富山の地酒だが全国でも取扱特約店があるので、吟醸通はぜひ一度は呑んでもらいたい。

 

f:id:apple2019a:20190809110703j:plain

f:id:apple2019a:20190809110650j:plain

 

 apple2019a.hatenablog.com

a.r10.to

 満寿泉なら島屋