peach's blog

北陸のお酒や温泉をメインに徒然と綴っています。

老舗温泉旅館のおこもりプランでのんびり湯治 粟津温泉「法師」

年明けから急増しているオミクロン株によるコロナ感染や、先日のトンガ近海での海底火山噴火による潮位異常等、令和4年も不安な一年になりそうだ。
警報により非難をされた方々や、対応に追われた気象庁等の関係各位には大変な日々だと思う。
トンガの海底火山噴火は北陸へは直接的な被害はなかったが、自分も深夜12時過ぎに切ったはずのテレビが突然つき、NHKの緊急放送が表示され、非常にドキッとした。
放送開始からしばらくは画面に「津波・避難」と表示され、津波警報による避難を呼びかけるアナウンスのみだったのでどの様な非常事態になったのか分からず緊張したが、太平洋側での津波警報・注意報だったのでトンガの噴火関係かとは思っていた。
しかし、日本の広範囲にわたって被害が生じたら…と思いながら1時間程緊急放送を観ていたのだがいつの間にか眠りに落ちていた。
幸い大きな被害は生じていない様だが、コロナ禍も含めて一日も早く安寧の日々が訪れて欲しいと改めて感じた日曜となった。


さて新年から不安な気持ちで過ごしていたこともあり、改めてリフレッシュしたいと思い、年明けの3連休に温泉宿で一泊してきた。
しかしコロナ感染が拡大している状況でもあったので、今回は人との接触が少ないプランを提供している粟津温泉の「法師」で宿泊することにした。
粟津温泉は開湯1300年と言われ、法師は開湯当時から代々続く温泉宿であり、北陸最古と言われる老舗温泉宿。
広大な庭園や豪華な客室を備えたハイグレードな宿なので、宿泊費も他の旅館に比べて高い印象だが、今回の宿泊プランは、朝夕の食事は客室で食べる弁当プランで、かつ布団なども自分たちで敷くセルフプランとなっているため通常より安価に宿泊できた。
また食事は仲居さんが部屋まで弁当を届けてくれるので、大浴場に行く以外は他の客との接点が少なく、ソーシャルディスタンスが保てるのも良いと感じた。

今回利用したプランは「【身体と心整う/湯治滞在】お部屋でお弁当に牛しゃぶしゃぶ鍋&ドリンク付/セルフサービス」プランで、宿泊費は一人14,300円。
概要は以下の通り。
 ・食事は朝夕ともに部屋に配膳される弁当形式。
 ・烏龍茶2Lペットボトル1本+お一人様にビール1本又はソフトドリンク500mlペットボトル1本付。
 ・お布団の上げ下げも宿泊者自身。
 ・部屋は8畳以上でバストイレ付。大浴場から近い部屋となる。


チェックイン時間は15時(チェックアウトは10時)だったのだが、雪がひどくなりそうだったのと他の宿泊客と接触を少なくしたかったので、早目に着くように自宅を出たらなんと14時過ぎに到着してしまった。
しかしチェックイン時間前にもかかわらず快く入館させてもらうことができ、早目のチェックインとなった。
入館するとまず庭園が見える広間の縁側に通され、そこで抹茶とお菓子が出され、しばし庭や館内を眺めながら寛ぐ。
一息ついたころを見計らいカウンターでチェックインと浴衣の選択を済ますと、仲居さんの案内で部屋に到着。
10畳くらいの小さな部屋ではあるが、バストイレ付で4畳程の離れ(掘りごたつのミニテールあり)もあるので、二人で泊まるには十分な部屋だった。
また、部屋の鍵が2本もらえるのもありがたい。

3連休初日の宿泊だったこともあってか、14時過ぎにチェックインしたにもかかわらず他の宿泊客を見掛けたので、館内の散策は少ししかしなかったのだが、広い館内には庭園や広間などがり、コロナ禍でなければゆっくりと見て回りたかった。
温泉は広い大浴場と露天風呂があり、脱衣場も広いため、他の宿泊客との距離を気にせずにゆっくりと入ることが出来た。
泉質は「カルシウム・ナトリウム硫酸塩泉 芒硝泉」でサラッとした湯触りで体が良く温まり、仕事始めからの一週間の疲れが良く取れた。
13時から入れるようなので、もしかしたら日帰り入浴も可能なのかもしれない。

風呂に浸かった後はお部屋に戻り、備付のビールと持参したお寿司を肴に飲んで一休み。夕食時間前の17時頃に再び大浴場でまったりして夕食予定時間の18時前に部屋に戻ると、仲居さんがお弁当を持ってきた。
部屋の入り口で弁当一式をもらい、自分たちで机に配膳。
お弁当は品数は少なく、お櫃に入ったご飯も少なめだったので、男性には物足りないかもしれない。
料理そのものは少ないものの美味しかったのだが、気になったのはお弁当が乗っているお盆が緑色の学校給食で使うようなプラスチックのお盆だったこと。お弁当の容器は和食用の調度品だったのにお盆のせいで少し雰囲気がそがれてしまった‥。
またご飯も少し硬めで水分が少ない感じがした。年末に泊まった「ききょうのご飯も固めだったがモチモチしていたのを考えると、高級旅禍の割には美味しくないなと感じた。(あくまで個人の感想です…)
夕食を食べ終えると、自分たちで廊下にあるテーブルに弁当一式を運び出し、布団を敷く。セルフサービスではあるが、夫婦ともに片付けや布団を敷くのは嫌いではなく、自分たちでのペースでやれるのでプラン的には良かったと思う。

心地良い温泉とお酒のおかげでぐっすり眠ってしまい、翌日は朝食を持ってきた仲居さんの声が聞こえるまで爆睡してしまった。
寝起きで朝食の弁当を受け取り、布団を片付けテーブルに配膳し頂く。
朝食は夕食よりも少なくちょっと寂しい感じがした。
まあ寝起きだったので豪華な朝食だと食べきれなかったかもしれないが…。
朝食を食べ終えると温泉の大浴場で体を温め、チェックアウトし帰宅。

今回は安い弁当プランと言うこともあり宿泊費は一人14,300円だったが、同じ粟津温泉の「喜多八」や前回宿泊した山代温泉の「ききょう」なら、15畳程の部屋での宿泊で会席料理付きプランの価格帯だと思うと、少し高めだとは思う。
しかし、本来は高級な老舗温泉旅館であることを考えると、通常プランよりも安価で法師の庭園や温泉を楽しめるので、一度は法師に泊まりたい人には良いプランだと思う。
一方で温泉旅館の醍醐味は「豪華な食事」や「高級感があるお部屋」にあるとも思うので、「温泉」「食事」「庭園や部屋からの眺望等の高級感」を味わいたい人はこのお弁当プランは止めた方が良く、高めになるが通常の宿泊プランを選択した方が良いと思う。
今回は割引クーポン等を駆使して一人9,000円程で宿泊できたのと、温泉で疲れをとることが目的の宿泊だったのでプラン的には正解だったが、コロナ禍が解消されたら、次回はやはり眺望の良い部屋でゆっくりと会席料理を楽しみたいものだ。

【法師外観】

f:id:apple2019a:20220116162622j:plain

 

【法師内観】

f:id:apple2019a:20220116162746j:plain

f:id:apple2019a:20220116162832j:plain

f:id:apple2019a:20220116163053j:plain

f:id:apple2019a:20220116163012j:plain

f:id:apple2019a:20220116162638j:plain

f:id:apple2019a:20220116162816j:plain

f:id:apple2019a:20220116162801j:plain

f:id:apple2019a:20220116171246j:plain

f:id:apple2019a:20220116171654j:plain

f:id:apple2019a:20220116171439j:plain

f:id:apple2019a:20220116171907j:plain

f:id:apple2019a:20220116171801j:plain

f:id:apple2019a:20220116171400j:plain

f:id:apple2019a:20220116171547j:plain

f:id:apple2019a:20220116172207j:plain

f:id:apple2019a:20220116172227j:plain

f:id:apple2019a:20220116172311j:plain

f:id:apple2019a:20220116172352j:plain

f:id:apple2019a:20220116173107j:plain

 

能楽堂・庭園等】

f:id:apple2019a:20220116171328j:plain

f:id:apple2019a:20220116172417j:plain

f:id:apple2019a:20220116172443j:plain

f:id:apple2019a:20220116172938j:plain

f:id:apple2019a:20220116173122j:plain

f:id:apple2019a:20220116172527j:plain

f:id:apple2019a:20220116172546j:plain

f:id:apple2019a:20220116172634j:plain

 

【調度品・絵画】

f:id:apple2019a:20220116171728j:plain

f:id:apple2019a:20220116172508j:plain

f:id:apple2019a:20220116172609j:plain

f:id:apple2019a:20220116172913j:plain

f:id:apple2019a:20220116171833j:plain

f:id:apple2019a:20220116172332j:plain

f:id:apple2019a:20220116160351j:plain

f:id:apple2019a:20220116160429j:plain

 

【客室】

f:id:apple2019a:20220116161404j:plain

f:id:apple2019a:20220116161426j:plain

f:id:apple2019a:20220116161457j:plain

f:id:apple2019a:20220116161646j:plain

f:id:apple2019a:20220116160455j:plain

f:id:apple2019a:20220116161717j:plain

f:id:apple2019a:20220116161805j:plain

f:id:apple2019a:20220116161850j:plain

f:id:apple2019a:20220116161915j:plain

f:id:apple2019a:20220116161946j:plain

f:id:apple2019a:20220116172141j:plain

f:id:apple2019a:20220116172028j:plain

 

【大浴場】

f:id:apple2019a:20220116162037j:plain

f:id:apple2019a:20220116162103j:plain

f:id:apple2019a:20220116162159j:plain

f:id:apple2019a:20220116162231j:plain

f:id:apple2019a:20220116162450j:plain

f:id:apple2019a:20220116170933j:plain

f:id:apple2019a:20220116170959j:plain

f:id:apple2019a:20220116171025j:plain

f:id:apple2019a:20220116170908j:plain

 

【夕食弁当(牛しゃぶしゃぶ鍋付き)】

f:id:apple2019a:20220116164424j:plain

f:id:apple2019a:20220116164451j:plain

f:id:apple2019a:20220116164908j:plain

f:id:apple2019a:20220116164937j:plain

f:id:apple2019a:20220116165000j:plain

f:id:apple2019a:20220116165025j:plain

f:id:apple2019a:20220116164723j:plain

f:id:apple2019a:20220116165048j:plain

f:id:apple2019a:20220116165114j:plain

f:id:apple2019a:20220116165139j:plain

f:id:apple2019a:20220116164609j:plain

f:id:apple2019a:20220116165259j:plain

f:id:apple2019a:20220116164748j:plain

f:id:apple2019a:20220116164841j:plain

f:id:apple2019a:20220116165208j:plain

 

【朝食弁当】

f:id:apple2019a:20220116165328j:plain

f:id:apple2019a:20220116165351j:plain

 

【関連記事】

hb.afl.rakuten.co.jp

hb.afl.rakuten.co.jp

hb.afl.rakuten.co.jp

apple2019a.hatenablog.com