peach's blog

北陸のお酒や温泉をメインに徒然と綴っています。

富山の銘酒 勝駒

イメージ 1
富山県は高岡のお酒「勝駒」
 
富山県では舛田酒造の「満寿泉が有名だが、満寿泉より旨い酒と思っているのが、清都酒造の「勝駒」。
 
どちらかというと辛口の部類で、久保田などと比べると、「清酒」を飲んでいる感じだが、刺身等にはよく合うお酒。
決して自己主張が強いわけではないが、きりっとした味わいが食材を際立たせる。
 
勝駒の大吟醸は旨みが感じられる美味しいお酒ですが純米酒ではないため、他の銘柄の大吟醸に比べ固い感じがします。
勝駒の純米系では純米吟醸純米酒があるが、自分の好みとしては、純米酒の方が刺身に合うと思う。
 
ちなみに「勝駒」は、最近では富山県下でも取扱いが増えたが、小さな蔵元のため流通量が少ない。購入の際には高岡市内の酒屋が確実かと思う。
なお、こちらのお酒は精米歩合が高い。純米酒でも50%!
 
いつも買いに行く酒屋を紹介しようと思ったが、売り切れになったら困るのでやめときます…。
 
下は、搾りたて 生 純米酒 ですが、どちらかというと、フレッシュな新酒より火入れしたお酒の方が好み。
とはいえ、秋ごろの「ひやおろし」のお酒も美味い。勝駒にもひやおろしがあればなあ・・・。
 
イメージ 2