peach's blog

北陸のお酒や温泉をメインに徒然と綴っています。

東京の地ビール 東京駅ラベル(多摩の恵)

年末に東京駅に行った際、大混雑となっていたグランスタのはせがわ酒店で購入した、ビール「東京駅」。
以前から気になっていたボトルではあったのだが、荷物の関係で買えなかった。今回は、常備している日本酒が増えたこともあり、日本酒ではなくビールをメインに購入。(とは言いつつ、伯楽星を買ってしまったが・・・)
 
ラベルデザインも中々秀逸だと思う。そういう意味ではラベル買いしてしまったところも正直ある。とはいえ、「東京駅」のデザインはお土産にもちょうどいいのではないだろうか。
 
イメージ 1
はせがわ酒店 「東京駅」ラベル
 
さて、肝心の中身だが、色合いが国内メーカーのビールとは全く違う。一般的なビールは黄色だが、このビールは琥珀色。ペールエールの様な色合い。味もホップの香りはほとんどなく濃厚なビール。というか、ペールエールだ、これは。
 
イメージ 2
まさにエールビール
 
ボトルコンディションビールと謳われておりペールエールを長期熟成したビールとのことだが、あまりの美味しさにぐいぐいと飲んでしまった。なんだか、HUBで一杯やっている感じだ。
これだけ濃厚なビールであれば、グリル等にもよく合いそうだ。こんなことなら年末に友人達と飲んだ時に持って行けばよかった。(忘年会後に買ったから実際は無理だったのだけど。でも、みんなに飲ませたかった・・・)
 
イメージ 3
裏面にはボトルコンディションビールの解説
 
「東京駅」というラベルデザインの外観上、東京土産にはもってこいだが、見た目だけではなくビールとしても本格的な実力を備えているので、ビール通の人にあげたとしても驚き喜ぶのではないだろうか。
ビール自体も多摩の石川酒造さんで造っている地ビールのようだ。
 
イメージ 4
地ビール 多摩の恵
 
詳細は確かめていないが、「東京駅」ラベルは、日本酒・焼酎・ビールともにグランスタのはせがわ酒店でしか購入できないようなので、次回、東京出張でもあれば宅急便を利用して大量に購入したい。