peach's blog

北陸のお酒や温泉をメインに徒然と綴っています。

純米吟醸 秋田杜氏

約400年の歴史を誇る秋田県の酒蔵「木村酒造」。
以前、池袋西武の日本酒フロアで出張販売をしていた際に購入。
 
木村酒造は「福小町」をメインブランドにしているようで、東京の有名料理店でメインの日本酒として利用されている本格的な酒蔵なのだが、企業や個人用のオリジナルラベルの日本酒も作っている面白い酒蔵。
近年、オリジナルラベルを作っている酒蔵は増えており、退職祝いや誕生日のプレゼントなどで利用が広がっている。お酒が好きな人に喜んでもらえるサービスだと思う。
 
また、様々な経緯から某製作会社と資本関係にある、酒蔵としては珍しい会社だ。
ちなみにこの酒蔵のルーツは、豊臣秀頼の家臣で大坂夏の陣で戦死した、木村重成の子孫とのこと。
小さな酒蔵ではあるが、色々と面白い逸話があり、探訪したい酒蔵だ。
 
さて、肝心の「純米吟醸 秋田杜氏」だが、秋田県の酒造米である「吟の精」を使ったお酒。
芳醇な吟醸香が感じられるお酒ではないが、アルコールの臭みがなくじんわりと米の旨味が伝わってくる。
吟醸酒ではあるが、純米酒のテイストが強いお酒だ。冷酒でも美味しいが、燗酒の方がより旨味が広がるかもしれない。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2