peach's blog

北陸のお酒や温泉をメインに徒然と綴っています。

本家のパ軒とは一味違う絶妙な甘みのソースカツ丼 敦賀市「敦賀ヨーロッパ軒 本店」

❚久し振りに敦賀観光へ

GWは宿泊旅行が難しい我が家。コロナ禍の影響でここ2年は石川県内をメインに旅行していたので(とは言ってもまだ能登は行けてないが…)、日帰りで少し遠出観光することに。
富山方面は帰省ついであちこち出掛けているので、今回は福井県へ。
勝山や三国は石川から近いこともあり良く行くが、いわゆる京都・滋賀方面の嶺南地方は遠いこともあり今まで足を伸ばしていなかったので、敦賀方面へ行ってきた。
高速で行きたいところだがGW期間中は休日割引がないので、朝6時半に出発して下道で敦賀へ向かう。金沢からだと8号線をひたすら走るだけだが、福井の8号線は交差点が多く何度も信号待ちに。そして交差点が少なくなると敦賀へ向かう峠道を20㎞程走る。
それでも3時間で何とか敦賀に到着。
敦賀の見どころは穏やかな敦賀湾、赤レンガ倉庫、日本三大鳥居に数えられる気比神宮、そしてなんといってもヨーロッパ軒のソースカツ丼
ということで、今日のブログはヨーロッパ軒のソースカツ丼について書いていく。

[福井の地酒なら一本義]

hb.afl.rakuten.co.jp

 

敦賀ヨーロッパ軒について

福井のヨーロッパ軒と言えば、全国的に福井のソウルフードソースカツ丼」が有名だと思う。福井観光に来たら「越前ガニやお寿司、ソースカツ丼を食べたい!」と言う人も多いだろう。ヨーロッパ軒は敦賀市の店舗を含めて福井県内に19店舗あるのだが、実は敦賀にあるヨーロッパ軒は福井の本店から暖簾分けした、独立したヨーロッパ軒。
そのため、屋号も「敦賀ヨーロッパ軒」となっており、福井のヨーロッパ軒とは異なることがわかる。
ちなみに敦賀ヨーロッパ軒は本店を含めて敦賀市内に5店舗あるが、福井の本家ヨーロッパ軒(総本店)のHPにも店舗として記載されている。(ただし「敦賀ヨーロッパ軒」ではなく「敦賀分店」として表記されている)
いつもは本家ヨーロッパ軒の「木田分店」(過去記事)に食べにいく(脂身が少ない豚モモ肉のカツが旨い)のだが、今回は敦賀ヨーロッパ軒本店に行って分家のソースカツ丼を堪能してきた。

tabelog.com

 

❚開店から大人気の敦賀ヨーロッパ軒

それにしても敦賀ヨーロッパ軒の人気は物凄い。
11時から開店のため、それまで気比神宮や赤レンガ倉庫を散策していたのだが、大変失礼なのは承知で言うが、GWにもかかわらず観光スポット以外に人がまったくいない。
メインストリートを歩いてもすれ違う人はおらず、港町なのになんて活気が少ないのだろうと思ってしまった。
「何だか寂しいね…」と妻と話しながら11時10分に敦賀ヨーロッパ軒の本店に戻ってくると、すでに客席は満員で長蛇の行列が出来ている。
しまった‥、町の雰囲気にだまされた!敦賀の人は皆、ヨーロッパ軒に来ていたのか⁉と思うくらいに行列になっている。
冗談(大変失礼しました)はさておき、ツーリング途中に寄ったと思われる人も多くいたので、敦賀の人以外にも自分の様に観光でヨーロッパ軒を訪れている人も多い様だ。
とりあえず2階の受付に名前を書いて待つことにした。
客の多くはソースカツ丼なので回転が早い様で20分程で席に案内された。
(ちなみにヨーロッパ軒はソースカツ丼専門店ではなく洋食屋なので、ステーキやカツレツ、ハンバーグやカレー、ナポリタン等の洋食もあり、中でもステーキは人気があるようだ)

席は小上がりとテーブル席がある。テーブル席は8人~10人掛けの長テーブルを4人席用に仕切ってあるのだが、仕切りにアクリル板等が置いてないのが気になった。
隣のお客さんがゴホゴホ咳をしていたので(ただの風邪や持病かもしれないので偏見を持ってはいけないが)、まだコロナが流行している現在においてはしっかりと仕切りをして欲しいと感じた

 

❚大迫力のソースカツ丼

メニューはカツ丼単品(カツが3枚で沢庵付き)が税込990円。カツが2枚でご飯が小ぶりのカツ丼ミニもあり、こちらは660円。
カツ丼はスライスしたロースカツをウスターソース主体の甘い特製ソースにくぐらせたもの。福井の本家よりも甘目らしく、使用しているソースメーカーが違うらしい。敦賀は関西圏に近いため味付けも本家とは違うようだ。
そして驚くのがそのボリューム届いたカツ丼は丼の蓋が閉まらない状態
スライスしてあるとは言え、分厚いカツがご飯を隠してしまっている。
なので、一度カツを丼の蓋に移してご飯が見える状態にして食べるのがパ軒流だ。
個人的な感想としては福井の本家より分厚く脂身が多い気がする。
ロースカツよりヒレカツの方が好きなので(まだ40前なのに年を取った気がする…)、敦賀のパ軒は脂身があり少し胸焼けしてしまう感じだった。そんな時に助かるのが沢庵の漬物。
結構大きな沢庵が二切あるので、脂をスッキリとさせてくれる。
通常のソースカツ丼はカツが3枚とご飯が400ℊあるらしく、ガッツリと胃にたまる。これなら660円のミニカツ丼でも良かったかもしれない。
なお、ご飯の大盛りやカツの追加、エビフライ等の単品追加も可能な模様。
他のお客さんの丼を見たら、カツを追加しすぎて最初から蓋がないツワモノもいた(笑)
あと、ミンチ(メンチ)カツ丼の「パリ丼(990円)」や、ソースカツ・ミンチチカツ・チキンカツが入った「ミックス丼(1,240円)」も人気の様だ。
個人的にはミックス丼にカツを一枚追加したいところだが、多分胸焼けで食えんだろうな…。

❚福井に来たならソースカツ丼を忘れずに!

今回は敦賀のパ軒(福井ではヨーロッパ軒をパ軒と略して言う様で、略して言うくらい身近なソウルフードなのだろう)でソースカツ丼を堪能したが、福井の本家のソースカツ丼も無論うまい。
店舗によって使用している部位や味付けやメニューが少し異なるようなので、総本店だけでなく支店のソースカツ丼を食べ比べするのも面白いだろう。
また、ソースカツ丼以外の洋食メニューもトライしてみたい。
個人的な贔屓は福井の「木田分店」のソースカツ。脂身が少なく非常に食べやすい。
中でも丼ではなく皿にカツを盛り付けて提供される「ベビーカツ定食が大好物。
ベビーカツにすると副菜にサラダとナポリタンが付くのでお得感満載。
福井に来たら海鮮やお蕎麦もよいが、ソースカツ丼を食べずに帰らないようにして欲しい!

【関連記事】

apple2019a.hatenablog.com

hb.afl.rakuten.co.jp

apple2019a.hatenablog.com