peach's blog

北陸のお酒や温泉をメインに徒然と綴っています。

【悲報】「月額0円で電話し放題」プランが終了‥ 楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT VI」

❚月額0円運用が可能だった「Rakuten UN-LIMIT VI」が10月で終了

先日、ネットニュースを見ていたら衝撃的なニュースが目に入った。
それは楽天モバイルの料金プランであるRakuten UN-LIMIT VI」が7月1日から「Rakuten UN-LIMIT VII」に切り替わるのだが、新料金プランでは他社にはない魅力だった「通信量1GBまでは月額費用が0円」が廃止され、1GB以下でも税込1,078円が発生する。
現在の楽天モバイルユーザーも自動的に「Rakuten UN-LIMIT VII」に切り替わるため、今後は既存ユーザーも毎月最低1,078円の支払いが必要となる。
(なお、既存ユーザーおよび7月1日までに楽天モバイルに加入したユーザーは、8月までは無料、9月・10月は2,161円を後日楽天ポイントでキャッシャバックされるので、10月までは実質無料とのこと)

 

❚月額0円で国内通話が可能だった「Rakuten UN-LIMIT VI」

北陸では楽天モバイルの電波環境は良いわけではなく、イオンモールアピタ等の商業施設に入ると電波が届かないケースがまだあり、街中でも電話や決済アプリが使えない事が多々あり、正直携帯キャリアとしては不十分だった。
それでも楽天モバイルに加入していたのは、「通信量1GBまでは月額費用が0円」と「Rakuten Linkを使った国内電話は無料(0570等の一部番号を除く)」だったからだ。
特に「Rakuten Linkでの電話無料」については、楽天モバイルのモバイルネットワークだけでなく自宅のWi-Fi環境でも使用が出来るため、Wi-Fi環境下なら楽天の電波環境に関係なく使用が出来るので、個人的には維持費0円で自宅で電話をするための回線として割り切って使用していた。(詳細は以下記事を参照)

apple2019a.hatenablog.com

apple2019a.hatenablog.com

新プランになっても「Rakuten Linkでの電話無料」は変わらないが、毎月プラン料金として最低1,078円が掛かるとなると話は変わる。年間で約13,000円が経費として発生するのだから。
13,000円あれば美味しいもの食べに行ったり、温泉も泊まれるな…と思うと個人的には楽天モバイルを継続することを躊躇してしまう。
結論から言えば筆者は楽天モバイルを解約する予定でいる。報道を見ていても楽天の新プラン発表後、解約が増えている様だ。
ただ、筆者の場合は楽天モバイルはサブ回線であり、メインはUQモバイルにしていて無料通話プラン等もつけているので、楽天モバイルを解約しても大きな影響はないのだが、楽天モバイルをメイン回線にするのであれば同業他社のプランと比較しても意外とお得なプランかもしれない。

 

楽天経済圏の人なら格安運用が可能

Rakuten UN-LIMIT VII」は通信量3GBまでなら税込み1,078円だが、他の格安SIMと比較しても同水準か200円程高い程度。
一方で楽天ユーザーが楽天モバイルに加入した場合、楽天市場での買い物でポイントが+3倍になり、さらにダイヤモンド会員(楽天市場のヘビーユーザー)なら最大+6倍になる。なので楽天市場での購入が多い人ならポイント還元で、他の格安SIMと実質同額程度に抑えることが出来る。
(毎月楽天市場で2万円購入する想定だと、一般会員なら600ポイント、ダイヤモンド会員なら1,200ポイントが還元される)
そのため、クレジットカードやネットショッピング、各種サービスの利用を楽天にまとめている場合、大方はダイヤモンド会員だと思うので、実質的には月額無料で運用することも可能だ。
実は筆者も現在はダイヤモンド会員だが、今後もダイヤモンド会員を維持出来るかはわからず、ポイント還元でプラン料金を相殺できない可能性があるのも、楽天モバイルを解約する理由の一つなっている。

楽天会員ならポイント還元で安価な運用も可能なので、楽天経済圏の人は他の格安SIMに乗り換えるよりも携帯料金が安くなると思う。
(電波環境が不十分な面ではストレスが溜まるかもしれないが…)

❚8月までには楽天モバイルを継続するか判断が必要

8月までは既存の楽天トラベルユーザーは1GBまで0円なので、まずは8月までに費用が発生しても楽天モバイルを継続するか判断が必要だと思う。プラン変更は7月1日に自動的に行われるため、1円でも発生させたくない人は早期に解約が必要となる。
特に非楽天経済圏の利用者はポイント還元による相殺が出来ないので、最低1,078円を払ってでも快適にスマホが利用出来るか今の内から検討した方が良いだろう。
今までは電波が繋がりにくくても無料だったので我慢出来ただろうが、今後は費用発生するのだから。
一方で都市部等の楽天基地局が増えている地域であれば繋がりやすさは改善されているだろうし、データ通信量が毎月20GBを超える様なユーザーであれば税込3,278円で電話だけでなくインターネットも使い放題になるのは魅力だと思う。
なお、8月の解約は申し込みが集中して手続きが遅れる可能性も想定されるので、解約する人は早目に申込した方が良いかもしれない。

 

【関連記事】

dalr.valuecommerce.com

hb.afl.rakuten.co.jp