peach's blog

北陸のお酒や温泉をメインに徒然と綴っています。

YouTubeでも有名な韓国の激辛炒め麺 三養「激辛ブルダック炒め麺(カップ麺)」

ここ数年の激辛ブームの中でYouTubeでも良く取り上げられている、韓国の激辛インスタント麺。
依然食べたタッカルビも相当辛かったが、その上を行くインスタント麺があるらしい。
それがブルダック炒め麺YouTubeでは袋麺のレビューが多かったが、スーパーに買い物に行ったらカップ麺が売っていたので、袋麺と辛さや味が同じかはわからないが買ってみたので、おやつ代わりに食べてみることに。
汁なし麺なので、作り方はカップ焼きそばと同じ。お湯を入れて4分待ったら、お湯を捨てて激辛ソースとふりかけをかけて出来上がり。

f:id:apple2019a:20200329101916j:plain
以前食べたタッカルビと似たパッケージ

f:id:apple2019a:20200329102012j:plain
タッカルビと同じ激旨辛の汁なし麺

f:id:apple2019a:20200329101931j:plain
ファイア~

f:id:apple2019a:20200329102025j:plain
三角の「水切り穴」を箸で突き破ってお湯を捨てる。

f:id:apple2019a:20200329102049j:plain
見た目は良くある縮れ麺

f:id:apple2019a:20200329102103j:plain
ハングル語なので読めないが、右の赤い袋が激辛ソース。左がゴマふりかけ。

f:id:apple2019a:20200329102127j:plain

本来ならお湯を捨てたカップの中でソースを混ぜて出来上がりだが、せっかくなのでフライパンで炒めて汁気をなくすことに。

f:id:apple2019a:20200329102141j:plain
汁気が飛んだので激辛ソースを投入

f:id:apple2019a:20200329102155j:plain混ぜるとこんな感じ。

f:id:apple2019a:20200329102234j:plain

皿に盛り付けてふりかけをかけて出来上がり。

見た目は依然食べたタッカルビと同じような赤味。
ゴマとのりが食欲をそそる。では早速実食。
一口目はそんなに辛くないが、甘みや旨味は感じられない。食べ進めるとだんだんと辛さが感じられるが、ネットで見た悶える様な辛さではない。袋麺とは辛さが違うのだろうか。
と思っていたら、段々と辛味と痺れを感じ始めた。しかし、しゃっくりや発汗も食べ終えたころに発生する程度で、激辛に弱い自分でも十分に食べられる辛さ。
辛さはそこまでではないが、問題は旨味。「激旨辛」と表現されているが、旨味は感じられない。ただ辛いだけで甘さや塩味がほとんんどない。
無論、辛さで他の味覚が消されているのかもしれないが、やはり「旨くて辛い」のが食べたい。激辛好きは旨味は必要ないかもしれないが、個人的には前回食べたタッカルビの方が好みだ。

今回のブルダックのカップ麺は思ったより辛くはなく、激辛料理の登竜門くらいのレベルだと思う。量もそれほど多くないので、辛味が得意でない人でもチャレンジ出来るお手頃な汁なしカップ麺だと思うので、気になっている人は試して欲しいと思う。

【関連記事】

hb.afl.rakuten.co.jp

hb.afl.rakuten.co.jp

apple2019a.hatenablog.com 

apple2019a.hatenablog.com 

apple2019a.hatenablog.com